スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲斐駒ケ岳(黒戸尾根ピストン)

日程:
2009年07月19日 ~ 2009年07月20日

メンバー:
タウルス、オット、うらら

天候:
1日目:雨
2日目:晴れ


コースタイム:
1日目:6:30竹宇神社-11:30刀利天狗-12:50五合目-14:20七丈小屋(テント泊)
2日目:5:20七丈小屋-7:35山頂 8:00山頂-9:30七丈小屋(テント撤収)10:30小屋-12:30刀利天狗-16:00竹宇神社

北岳は大樺沢の雪が多いのでやめて甲斐駒ケ岳に変更。
北沢峠までのアクセスが不便なので、思い切って黒戸尾根のルートに挑戦!
当初は18日19日の予定だったけど、天気が悪そうだったので19日20日に変更。
変更につぐ変更だったが、正解でした。

思いのほか歩きやすく良い道。と思っていたけれど、徐々に現れる岩場、梯子の多さ、そして標高差2000mは疲れました。
2日目、天候に恵まれ、すばらしい展望も楽しむことができました。
090719甲斐駒ケ岳1

090719甲斐駒ケ岳2

090719甲斐駒ケ岳3

090719甲斐駒ケ岳4

090719甲斐駒ケ岳5

090719甲斐駒ケ岳6

090719甲斐駒ケ岳7

090719甲斐駒ケ岳8

090719甲斐駒ケ岳9
↑お決まりの山頂記念撮影。バックに見えている山は富士山と鳳凰三山。
そしてこちらのバックは北岳と間ノ岳。↓
090719甲斐駒ケ岳12

090719甲斐駒ケ岳10

下山時、岩場や梯子は慎重に下りたので特に問題はなかったのですが、距離が長くて疲れてしまい最後のほうで休憩を多くとったので時間がかかり、テント場からの下山が一番最後になってしまいました。

※こんなに大変なルートなのに日帰りしている人がたくさんいたのでビックリ!!黒戸尾根日帰りが流行している?

※韮崎駅から竹宇神社(尾白川渓谷?)へのバスがあるそうです。(たぶんこれ→北杜市HP

苗場山

花が多いと聞いていた憧れだった苗場山(2145m)に行くことができました。

和田小屋へ行く道は宿泊者しか車で通れないので、下の駐車場からピストン。

和田小屋下の駐車場8:00→和田小屋8:20→下ノ芝9:40→中ノ芝10:;30→上ノ芝10:50→山頂12:31(休憩1H)→神楽ヶ峰15:03→下ノ芝16:15→駐車場17:40

090627苗場山4

090627苗場山5

下ノ芝から上がるにつれて景色が広がり、花もどんどん増え、やっぱりいい山だ~
090627苗場山2

090627苗場山9

090627苗場山12

と思っていたけれど、神楽ヶ峰から一度下って登り返しがきつかった~

090627苗場山16

090627苗場山17

090627苗場山19

090627苗場山20

090627苗場山22

090627苗場山29

090627苗場山30

090627苗場山31

090627苗場山33

090627苗場山34

090627苗場山72

090627苗場山38
(黒百合とウラジロヨウラクを見ることができて感激!ウラジロヨウラクかわいい花でした。)

でもきつい上りの最後のほうで唐突に景色が変わり、山頂近辺はたくさんの地糖があってまるで天上の楽園のよう
090627苗場山37

090627苗場山39

090627苗場山41

090627苗場山44

090627苗場山45

090627苗場山48

090627苗場山49

090627苗場山50

090627苗場山51

090627苗場山54

090627苗場山60

私たちもタウルスもかなり疲れていたけど、がんばることができました。
これで来月行く予定の白峰三山もなんとかなりそう(?)
久しぶりのテント泊なので、ちょっと不安ですが…

090627苗場山73

090627苗場山74

090627苗場山77

※この季節は暑さと湿気で虫が多く、他の人たちはタオルで顔を覆ったり、顔の前を手で扇ぎながら歩いていましたよ。虫除けの網をかぶり、長袖が大正解。虫対策は必須です。

090627苗場山78
(強盗と間違えられる?)

※山での行動食も激減しましたよ。

ツツジ咲く武尊山(ほたかやま)

100名山のひとつ、武尊山(2158m)
いくつかあるルートのうち一番楽、初心者でもOKと書いてあったほだか牧場からリフトを使うルートを選択。ちょうどツツジが見頃でした。
(だけど、標高差は600mくらいなのに、距離が長く、ぬかるみや残雪、大きな倒木が多く、滑りやすい岩場もあって、結構疲れました。)

朝の関越道は霧で前の車が見えないくらいだったけど、高速を下りる頃は霧も晴れ、6:40予定より早くほだか牧場駐車場着。
ほだか牧場からのリフトは8:30からなのであきらめて7:20頃から歩き始めた。
しばらく歩いていたら牧場の車が下りてきて、「リフト往復代金を支払って下りはリフトを使うなら」という条件で車で上の登山口までおくってくれるという。
もともと私たちには少しきついそうなコースだったので二つ返事で載せてもらって7:40に三合平着。

東俣駐車場分岐7:40→田代湿原分岐8:14→武尊避難小屋8:41→前武尊分岐10:33→山頂11:05(25分休憩)→武尊避難小屋13:30→東俣駐車場分岐14:30

見かけはかわいい(けど…トイレもないし、泊まりたくない雰囲気)三角の避難小屋。
090620武尊山避難小屋1

武尊山の解説にもぬかるみのことは書いてあったけど予想以上にすごくて(うまく歩けば、そんなにひどくないのかもしれないけど)私たちはドロドロ。
090620武尊山1_1

090620武尊山15
(下山後の写真)

長靴で歩いている人も見かけました。
標高1800m付近から現れる残雪のせいでしょうか。帰りには雪解けの水が川のように流れていました。

山頂前後の道は縦走しているような気分になるほど雄大な感じですばらしい。

何度か残雪の上を歩きます。
090620武尊山3

三つの山の標識。
(今、私とタウルスは同じくらいの身長。私は背伸びしている。)
090620武尊山(花)7

山頂から剣ヶ峰への稜線。
090620武尊山6
山頂から中ノ岳。
090620武尊山7
中ノ岳から前武尊岳方面への稜線。
090620武尊山8

この日はあまり展望はなかったけど
谷川方面
090620武尊山9

セビオス岳から(昨年登った日光白根山や男体山が見えているようだけどよくわかりません^_^;)
090620武尊山10

明るいブナの森を抜けると牧場。
090620武尊山ブナ1

ほだか牧場のつつじと白樺もきれいだったし、花豆ジェラードもおいしかったですね。
090620武尊山11


一緒に行った友達親子は湿原めぐり。あまり花は咲いていなかったみたいだけど、フキを採集できたようで、今日は美味しく煮たフキ料理をいただきました。ごちそうさまでした~

(花の写真をまとめて。今回はシラネアオイが撮れました!)

リフト周辺のルピナス
090620武尊山(花)1
花の終わった水芭蕉
090620武尊山(花)2
シラネアオイ
090620武尊山(花)4
岩場に咲く白いイワカガミ
090620武尊山(花)5
ショウジョウバカマ
090620武尊山(花)8

ミツバオウレン
090620武尊山(花)9

090620武尊山(花)11

090620武尊山(花)12

イワナシ
090620武尊山イワナシ1

オオカメノキ
090620武尊山オオカメノキ

090620武尊山(花)16

レンゲツツジ
090620武尊山(花)17

ベニバナイチヤクソウ
090620武尊山ベニバナイチヤクソウ

二つの岩山~その①

●両神山(1723m、奥秩父) 10月19日(日)

気になっていた山です。
ルートは大きく2つあって、普通のルートと、もう一つは岩と鎖が連続するルート。

ダメ!とか 危ない! と言われるとよけいに行ってみたくなる私としては岩と鎖のルートのほうに興味があったので岩と鎖のルートを選択。

登山口はトンネルの手前の駐車場。トイレもあります。
30台ほど止められそうな感じだけど、8:00に着いた時にはまだ5台しかいなかった。この日は結局10台くらいだったみたい。

上りはじめから、すぐに鎖があるものの、この日は、岩も乾いていたし、鎖を使わなくても、しっかり三点確保していれば大丈夫な岩場がほとんど。
手がかり、足がかりもちゃんとたくさんある。

が、湿った地帯でなんでもない、鎖のないちょっとした岩場でタウルスがすべったので、気が抜けない。

このルートは標高差は573mしかないけれど、アップダウンばかりなので、類型標高差は-1113、+1632m。

八丁峠ではまわりはガスで展望ゼロだったのだけど、次第に雲が取れて周りの山々も(同定できないのが悲しい)きれいに見え始めていた。

22701363_606025995.jpg

22701363_1093746351.jpg

紅葉した斜面、紅葉のトンネルの道がキレイ。

ひとつひとつの岩場をクリアしながら、行蔵坊・西岳・東岳とアップダウンを繰り返しついに山頂!
22700646_1312887166.jpg

22700646_3337482384.jpg

そこまでのルートでは数組しか出会わなかったのに、山頂は反対の日向大谷から登ってきた人たちでいっぱい。
山頂は狭いし、人もたくさんなので、さっさと下山。

普通は、下山は気楽なものだけど、岩場ではそうはいかない。
逆に、登りよりも慎重になるのでかえって時間がかかるくらい。
足場は見えないし、緊張の連続。

私は基本的に上りも下りも鎖はほとんど使わず。
岩をひとつひとつ確かめながら登ったり、降りたりするのが楽しい~

タウルスもわりと上手に慎重に降りていくが、時々、鎖にたよったりしそうになり、声をかける。鎖に頼ると体が振られたり、いい加減になるので、見ていて怖い。
中学生なので最近は、小さい頃と違ってどこの山に登っても「すごいねぇ」などと声をかけられなくなっていましたが、久しぶりに「中学生!すごいねぇ!将来はクライマーかな?」なんて言われました。

そうして、岩が楽しかったので、次の週にはこの山からよく見えた反対側の山へ行くことに…

※写真はすべて一緒に行った方からいただきました。

鳳凰三山(山梨県)

鳳凰三山への登山口は4箇所。

1)青木鉱泉
2)御座石鉱泉
3)夜叉神峠登山口
4)広河原

ということは、いろいろな組み合わせがあって悩むわけです。
(4*4=12通りで正しい?)

はじめは青木鉱泉からの周回も検討していましたが、結局、お友達が行ったルートと同じだという理由でタウルスが希望し

4)広河原~3)夜叉神峠登山口

というルートになりました。
(ちなみに夜叉神峠登山口へのルートは他の方もおススメのルートでした。)

今回は長男が修学旅行から帰ってくるので、オットは留守番。タウルスと私の二人でテント泊は7月の北岳以来で2ヶ月ぶり。
私のザックの重量は17キロになってしまいました。
帰ってからのザックは12キロ程度だったので、5キロも食料だった?
食料の軽量化対策、早急になんとかしなければです。


10日夕方 自宅を出発。
高速道路のSAで持参したお弁当を食べて、高速を降りたところで温泉に寄ってから、夜叉神峠登山口の駐車場に到着。
駐車場はまだまだガラガラ、気がかりだった傾斜もたいしたことがありません。
きれいなトイレも近くにありました。

芦安の大きな駐車場だと北岳や仙丈ケ岳、甲斐駒ヶ岳などへ行く人たちもたくさんいて、夜中に到着する人や早朝からタクシーやバスに乗るためにガタガタするのですが、こちらはとても静か。
おかげでゆっくり眠れました。
バスもここから乗る人を想定して空席を設けているということで、座席の心配もありません。



11日
バスの時間に合わせて起床してみると、雨。
バス停は目の前だけど、雨具を出したり着るのに時間がかかりあわててしまうが、なんとかバスに間に合いました。

この日のバスは7台。(7月は4台でした。)
でも、かなり座席には余裕あり。連休ということで、多めにバスを用意してくれたのでしょう。



さて、広河原から出発し、白鳳峠へ向かうルートを登りはじめると、道が荒れていて、足が届かないような場所もあります。お友達の一家はここを登ったのか!?と思いながら、登ります。

途中で追い抜きも追い越されもせず、誰も歩いていないようです。
貸切?
雨はたいしたことがなく、景色が広がる大きな岩がゴロゴロしている場所では北岳の山頂付近の雲がだんだん雲があがっていくようでした。7月に登った雪渓の雪が小さく残っているのが見えます。

081011鳳凰三山5


このあたりで、タウルスも疲れ、調子がイマイチ。休憩していねむりしたり、ちょっと歩いてはザックの調子が悪いと言っては足が止まってしまったり。

でも、白峰峠からは歩きやすくなり、後ろに甲斐駒ヶ岳や仙丈ケ岳も見えてきて、元気がでます。

081011鳳凰三山10
(甲斐駒ヶ岳)
081011鳳凰三山11
(仙丈ケ岳)


高嶺に着くと、今日の目的の地蔵岳のオベリスクも見えています。あっ!富士山も!!!

081011鳳凰三山16

081011鳳凰三山17


目的地が見え元気になったはずなのに、なかなか到着しません。

081011鳳凰三山22

081011鳳凰三山45


ようやく地蔵岳(2764m)に着いた時にはヘロヘロ。

081011鳳凰三山31

金峰で五丈岩に登った快感が忘れられず、オベリスクの登り方もネット検索で調べてきたので、登りたかったのですが、もうタウルスには余力がなく「(途中で会った若者グループも)今日は風も強いから危ないと言っていた。小屋へ降りよう。」と言うので、断念。母よりしっかりしています

結局、地蔵岳から小屋への砂の道、スキーのようにずるずると滑りながら降ります。

鳳凰小屋に着くと、小屋の前でお湯を沸かしている、煙がモクモクしています。

081011鳳凰三山46


受付を済ませて「混むから隣と詰めて張って下さい。」とのことだったけど、1区画だけ木に囲まれたところに張る事ができた。
でも、結局、10張り程度。小屋は1つの布団に2人だったみたいだけど、テント場はガラガラ。

081011鳳凰三山41


小屋の前のテーブルで夕飯を食べて、テントへ。
(このテント場はこじんまりとしていて水場もトイレも近い。トイレは昼間でもまっくらなのでヘッドランプが必要だけどソーラーの小さな外灯までついていてテント泊に慣れていない人でも安心な感じ。)

テントの外に出てみるとヘッドランプはいらないくらいに明るい。お月様の光です。

テントの中にいるタウルスがなぜ外が明るいかと聞くのでお月様だと教えると

「ありがとう~~~♪ お月様~~♪」なんて言っています。

山に登ったり、テント泊をすると水や木々など自然はもちろん一緒に行動している仲間、留守番をしている家族、そして歩いている自分の足や健康にも感謝の気持ちが生まれます。

そうこうするうちにタウルスはすぐにイビキをかいてぐっすり。
私は耳栓を忘れたので、隣のテントの話し声と笑い声でちょっと眠れず。

でも、今日1日の思いを振り返ったり、明日のルートを考えてわくわくしたり。

9時になり、隣のテントも静かになり、眠りにつきました。

明日はどんな景色が見られるかしら。





(2日目)


他のテントの人たちが起きだした声で目が覚めた。
まだ、2時50分。

う~~~ん、まだちょっと時間が早いと思うけど、タウルスも起きだしたので、起きて準備。

外は寒いのでテントの外でお湯をわかして、テントの中で朝ごはんを食べます。

だんだん明るくなりヘッドランプもいらなくなり、テント場を後に出発~

081011鳳凰三山52



最初に目指すのは鳳凰三山のうち最も高い観音岳(2840m)。
地図には「近道」と書いてある道なので、なんとなく簡単そうと思い込んでいたけど、足が届かないような場所があったりして結構な登り。
ここでも「お友達一家は、どうやって登ったの?」と思いながら上ります。

登るにつれて朝日が山を照らし、地蔵岳が赤く染まっています。

081011鳳凰三山54


そして、もうすぐ観音岳というところで、突然目の前に富士山が現れました。

081011鳳凰三山91


観音岳は昨日の貸切がうそのように大勢の人たちがいてにぎわっています。
記念撮影をする人がいっぱい。
なぜか、頂上の標識だけを写そうとしている人がいて、近くにいたタウルスが「早くどいてやれよ!」って怒られてしまいました。
こんなに混んでいるお山で人が入らないように写そうなんてちょっと無理じゃないのとちょっと気分が悪い。

でも、頂上からの景色はそれはそれはすばらしく、槍の穂先も見えました。
そして、これから向かう薬師岳の方向には富士山が見えているんです。
この道を歩くと思うと嬉しくなります。

081011鳳凰三山92


薬師岳(2780m)は北岳が間近に見えます。

081011鳳凰三山75

観音岳から薬師岳までご一緒した男性とはここでお別れ。

そこからの道もまたすばらしく、紅葉と富士山。

081011鳳凰三山94

081011鳳凰三山79

念のために持ってきたAkiさんのコースタイムと比べながら、歩いたおかげで、タウルスは調子よく進みます。
この日は、夜叉神から登ってくる人とたくさんすれ違いました。

なだらかな道とはいえ、長い歩行時間。たしかお友達一家は「走れそうなくらいだった」って言ってたけど、私たちは最後はけっこう疲れました。

(そんなこんなで、いつも、お友達一家と一緒に歩いている気分でした。)

夜叉神峠ではハイキングの人たちがたくさん。

081011鳳凰三山100


ゆっくり休んで駐車場まで降り、お疲れ様のソフトクリームを食べました。

下山後の温泉は行きの高速のSAで見つけた温泉『まほらの湯』。割引券がついていたので行ってみたのだけど、いろんな種類のお風呂があるし、とっても良かったです。
どうせ、渋滞しているだろうからと、ゆっくり畳の広い休憩所でご飯を食べてから仮眠。

案の定、渋滞してたけど、仮眠したおかげで、運転も苦にならず、22時30分には家につくことができました。

巻機山(まきはたやま・1967m)

ほんとうにキレイでした。
長い道のりだったけど、長く感じなかったのは、ご一緒してくれたファミリーのおかげですね。
ありがとう。
新潟名産のおコメとお酒のお土産も買えました。
081004巻機山2
081004巻機山1
081004巻機山1_1

五丈岩、登ったよ~~~~!!!

テント泊で山梨県にある金峰山(きんぷうさん・2599m)と瑞牆山(みずがきさん・2230m)へ。

途中でイビキをかいていねむりするタウルス。
(なぜか写真には光の輪が写っています。)
20080927金峰・みずがき8


山頂付近は紅葉がはじまり、キレイ。
(五丈岩がちょっと霞んで見えます。)
20080927金峰・みずがき10
20080927金峰・みずがき25


タウルスと私は金峰山の山頂にある五丈岩に挑戦。
(はい。少しでも高いところに登りたがるのは○○だからでしょうか

こんな岩。(登っているのは他人です。)
20080927金峰・みずがき33

なんと最初にタウルスがわりとカンタンに登ってしまったのにはビックリ。
クライミングの効果があったのかしら。

20080927金峰・みずがき38

ちょっと大変で無理~と思った私。
でも、タウルスが登ったので何とか無理やりがんばり、ようやく登れました。

20080927金峰・みずがき40
(組体操の時のポーズ!)

瑞垣山ではキレイな富士山も見えました。
20080927金峰・みずがき57

田んぼが黄色く色づき
20080927金峰・みずがき64

コスモスが咲き乱れていました。
20080927金峰・みずがき62

燕岳、大天井岳、常念岳

2泊3日テント泊で燕岳、大天井岳、常念岳、3つの山を歩いてきました。

080812表銀座ブログ20


080812表銀座ブログ1


燕岳は外国の遺跡かエーゲ海の島のような雰囲気。
イルカもいるんです。(うそです。)
080812表銀座12

080812表銀座27

080812表銀座28

080812表銀座36


大天井から常念岳までの縦走路は槍ヶ岳と穂高連峰を右側にずっと見えていていかにも表銀座の名にふさわしい。
080812表銀座47

080812表銀座53

080812表銀座33


奥穂高、槍ヶ岳とすでに登った山々を眺めるのも良かったけど、このルートを歩いてから登ったらよりいっそう感激しただろうなぁ。

思わず、槍ヶ岳まで歩いていきたくなる。

常念を越して、さらに蝶ヶ岳に行きたくなる。

どんどん歩きたくなるルート。
(イチオシ行ったことがない方、ぜひ行ってみてください~)
080812表銀座86

080812表銀座93

シモツケ、アザミ、トリカブト、アキアカネ、ナナカマドの実が少し色づき、山は早くも秋の気配でした。

080812表銀座113

080812表銀座114

080812表銀座128

赤岳

またまたコミュのイベントで赤岳にテント泊で行ってきました。
18924666_1999059753s.jpg

赤岳は2回目です。
今回はお天気に恵まれ、いい景色。

この間登った、槍ヶ岳や北岳、白馬方面も、まだ登っていない富士山もぜ~~んぶ見えました。
(とんがっているのが槍ヶ岳)
080802赤岳1_3

(権現山の後ろに、左から北岳、仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳)
080802赤岳33

(富士山だけは別格ですね。)
080802赤岳1_3

花もたくさん咲いていました。
080802赤岳14

080802赤岳36

080802赤岳45

080802赤岳47

080802赤岳52


上りはみんなについていけなくなったタウルスですが、下りは順調。最後はみんなと一緒になりました。

アドベンチャー槍ヶ岳

槍ヶ岳(やりがたけ)は、飛騨山脈(北アルプス)南部にある標高3,180mの山。日本で5番目に高い山である。長野県松本市・長野県大町市・岐阜県高山市の境界にある。日本百名山の一つで通称「槍」。名前の如く天に槍をつく形が特徴的な高山であり、その形から「日本のマッターホルン」とも言われる。登山者でにぎわい、穂高岳などと共に多くの登山者の憧れの的となっている。

こんなところや
080726槍ヶ岳45
こんなところがありましたが
080726槍ヶ岳49

7/27無事登頂です。
080726槍ヶ岳44

すばらしい景色も見ることができました。
080726槍ヶ岳1_1

富士山(第1位)と間ノ岳(第4位)を登れば、ベスト5達成です。

先日も先生から

「登山はいいです!!」
「体力をつけると我慢する力がアップします。」

と言われたので、これからも続けます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。