スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不登校その後

結局、昨日は午前11時頃、大好きな担任の先生が電話をくれて
「お楽しみ会の飾りを作るから」「交流給食だよ」「来週の社会科見学の説明があるよ」とか誘ってくれて、その気になり、4時間目から私と一緒に登校。本人は最初、給食後までと言っていましたが、先生のとりなしで6時間目まで参加できました。
こういう時、好きな先生のフォローがとっても助かります。先生に感謝です。できれば、もう少し早く(運動会の頃)気がついて欲しかったけど…

帰ってきて「楽しかった?」と聞くとうん!と言う返事。
オヤツ(不登校見舞いにいただいたヘルシーケーキ)を食べながら、なぜか今まで見ることのなかった昔のアルバムを何冊も出して見ていました。自分自身を振り返り、確かめるかのように…
それから、頭が痛いと言ってソロバンをお休みし、寝てしまいました。(夕飯は起こしたら、しっかり食べました。)

こういう時「明日は行こうね」のセリフは禁句だそうで、あえて何も話さないで就寝。

気がつくと、タウルスが自分で書き込んだホワイトボードの12/14のスケジュールはちゃんと全部消してあります。
もしかして、ちゃんと何か区切りがついたということでしょうか? そして…

今朝も少しぐずぐずして今度は介助の先生の不満を言っていましたが、

今日はその先生も休みだし、私から担任の先生にそのことを伝えたら、学校へ行くことができました。私「一緒に行こうか?」タウルス「いい!一人で行く」と!!!

介助の先生の不満というのは、給食当番の割烹着のボタンを「とめなさい」と注意されたけど、穴が大きくてとめても外れてしまうので「はずれる」とタウルスが答えたら「はずれません!!」と言ったらしいんです。

他の二人の先生はその意味をわかってくれたらしいのですが…

そして、そのことを謝ってほしい、そういうことをするなら学校を変わってほしい、と言っていました。

タウルスの気持ちはわかるし、障害児学級の先生としてはちょっと…とは思う。でも、そういうふうに人の話をよく聞いてくれなかったり、決め付けたりする人ってどこにでもいるから、やりすごせるようになってほしいとも思います。

とりあえず、今日は学校へ行けて良かった~

これも成長の証、思春期を乗り越える大事な時期と捉えて、将来を見据えて慎重に見守り前向きに対処していこうと思います。

いろんな方が一緒に考えてくれて心強いです。ありがとうございます。
スポンサーサイト

Comment

良かったです!

良かったですね。
やはり学校に行かねばならないのは分かってるんですよね。
きっかけを作ってあげることが大切なんでしょうね。

ラスカルスズカさま

はい!
ホッとしました~
きっかけはもはや親以外の人のほうが良いみたいですね。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。