スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また、やられた!!

今朝は朝から熱があり、休んでいます。
ベットに横になっているタウルスに銀行や買い物に出かけてくると言って、家を出たところ、しばらくすると携帯に友達から電話がありました。
「タウルス君がパジャマでおでこにヒ○ピタを貼って歩いていたよ」

エッー!!!!!!!!!!!!!!

まだ、用事が済んでいなかったけれど急いで家に戻ったら、ベットに横になっていました。

理由を聞くと「学校へ行きたかった。発表会の練習を見たかった。」

あー気持ちはわかる。
でも、病気なのにパジャマのまま外へ行く、玄関に鍵をかけないで出かける、そして何より私の留守を狙って行ったのが許せない~~~

このところの事件でよけいにこそこそ行動するようになったのかな?

もう、ヤダーーーーーー
タウルスを部屋に閉じ込めて外から鍵をかけたくなったー
(かなり、勢いで書いています。)
スポンサーサイト

Comment

3日分全部読んでからコメントを書かせてもらおうと思っていたのですが...さらに続いてしまったんですね。
うーん、うららさんの気持ちを思うと胸が痛いです。
同じPWSの親として私にも他人事ではなく、バンビがもしそういうことをしたら私はどうするだろう?ってすごく考えてしまいました。

PWSの難しさってこういうところにあるんでしょうね。
通じているようで通じないとか、わかっているようでわかってなかったりとか。
でも見た目(特に他人の)からはそう見えないから、余計誤解されたりして、悪い方に進んでしまったり...。

ちょっと思ったのですが、最初に早朝警察に無理やり帰宅させられたことが、タウルス君の中では解決できてない(折り合いが付けられてない)のかもしれないですね。
(もしほんとにそうだとしても、じゃあどうしたらいいのかは私には思いつかないのですが。)
あと、ソロバンと犬の散歩はどっちも同じくらい、タウ君にとって「やりたいこと」なんでしょうか?
でも1日に両方をすることは時間的に無理なんですよね? そのことについても、納得している(言われたからではなくて)のかなとちょっと気になりました。

今日のパジャマで外出は、禁止されて余計に1人で外に出たくなった挙句のことなんでしょうか...。
でも、私がうららさんだったら今頃ブチ切れちゃってたかも。
タウルス君が無事なのが何よりでした。

コメントありがとうございます。

suzuさん、心配にさせてしまってごめんなさいね。
小さい子のママへの影響を考えると、こんな事実を書くと悪いかなぁ?と思いました。でも、いろいろな事実が知らされなかった頃の見えない不安を考えると事実を出しておくのも必要かな?なんて考えました。それから、同じような悩みを持っている人にも読んで欲しかったし、PWSを知らない人にはわかりにくい悩みがあることも知って欲しいと思っています。

たしかに無理やり帰宅させられたことが、タウルスの中では解決できてないというのはあると思います。ちゃんとそこを納得させられるのが理想的。でも、彼の解釈って、勘違いをなかなか訂正できなかったりして、ちょっとやそっとじゃ納得させられないことが多いんです。だから納得がいかないことでも納得しなくちゃいけないこともあるのだ、とわかって欲しいと思っています。
それからソロバンと犬の散歩の両方は無理というのは納得していると思います。
でも、納得しているか?とか、わかっているか?ということに関係なく、突発的に行動してしまうような気がします。もう一人の自分にささやかれてしまう。
それから、いやな気持ちの記憶が突然よみがえってきてしまうというのもあるのかなぁ?
なんとかこういうことをふせぐことができるといいですよね。

パジャマで外出は、よほど発表会のことが気になっていたようです。ハンドベルで3つの音を担当しているので重要な役割!と思っているようです。(たぶん、先生もそうはっぱをかけている)
でも、私に言ったらダメだと言われると思ったのか、ちょうど3時間目の音楽の時間だったからなのか、学校へむかって行ってしまったみたい。

今回は何度もブチ切れました!
ブチ切れると逆効果だってわかっているのに…
「一人で外出禁止」→「ばれないようにこっそり行く」ってなっちゃうんだから、意味ないし。

まぁ、落ち着いて考えてみれば、こんなことになっちゃうのも障害のせいなんだから、彼を責めたり憎んだりしてもカワイソウだったかなーって少しだけ反省しています。

お返事ありがとうございました

先日コメントを書いた時、実はメールにすべきか悩んだのですが、個人的にやりとりをするより、ここに書いた方が他の方にも読んでもらえていいかなと思いました。
PWSではこういうこともあるんだってことを知っておくのは、私にとってはとても有意義です。お返事をいただいて、私なりにさらになるほどと思うことがたくさんありました。

”納得いかないことでも納得しなくちゃいけないことがある”とか、突発的な行動のこととか、確かにそのとおりですね。
まだ3才半のバンビにも当てはまるんじゃないかと思えることが時々あります。(いまはまだ単に私の考えすぎなのかもしれませんが。)

”障害のせいだから責めたり憎んだりしてもカワイソウ”というのも、親だからこそ そこはいちばんに理解してやらなくちゃいけないところなんだなぁと思うと同時に、でも障害のせいであってもいけないことはいけないわけだから、何とかなるものならやっぱり何とかしてやりたいなぁという気持ちに苛まれます。
もっとPWSの研究が進んで、こういうことが防止できるようになったらほんとにいいですね。

とにかく今は何かおいしいものでも食べて、心を癒してください。

コメントありがとうございます♪

☆suzuさん
>実はメールにすべきか悩んだのですが
勇気あるコメントありがとうございました。(笑)
こういう内容の記事にはいろいろ思うところがあっても、きっと他の人への影響とか考えちゃうと書きにくいですよね。わたしも実際そういうことがありますから。
PWSの行動の問題がうまく表にでなかった理由がわかった気がします。他の人への影響もあるし、こんなことがあったというのは自分自身の恥のような気がしてしまう。私もそういう意味では勇気が要りました。
それに、障害のせいだけではなく親のせいのように言われたりするのもツライです。以前先生には困ったことを相談すると、親が怒られ辛くなり、何も相談しなくなってしまったこともあります。

>何かおいしいものでも食べて、心を癒してください。
ありがとうございますv-343
でも…風邪が長引いている息子の手前、私も病人食に付き合っているので…
早く、治って欲しいです~~~

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。