スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職が決まりました!

特別支援学校高等部を卒業して1年間は「○○○○へ就職する!」と他の会社の話や見学、実習などを拒否していたタウルスですが、2月を期限として決めていたので、その後は気持ちを切り替えました。

就労支援施設では封筒の宛名シールを張ったり、中身を入れたり、という仕事や区内の施設の清掃をベースにして、タウルスの場合は(午後2時間週4日)近くの居酒屋さんでの実習(清掃アルバイト)をさせてもらっていました。
そこの方たちがかっこいいお兄さんという感じでタウルスも気に入っていて、先方のお兄さんたちも気に入ってくださって更新更新で約1年間働かせていただきました。

6月頃、指導員の方から就職を見据えた実習の話が二つありました。
一つは少し遠くの某飲料メーカーの倉庫作業。
もう一つは地元の某レンタルDVD屋さんの自転車整理の仕事。

タウルスは意思確認の時に「やってみます!」と即答してたけど、
家に帰ると
タ「本当は自転車整理は…」
私「いやならいやって言ってもいいんだよ」
タ「いや、でもやってみてから考える」
なんて返事でした。
ずいぶん、成長したなぁ。。。

そして実習は12時~16時30分。5日間続けて行きました。
心配してたけど、うまく自転車整理できたようだし、1時間に1回くらい整理しに行くだけで、後は中の仕事だったようです。
指導してくれた若い社員の男性がとても優しい、と嬉しそうでした。

そして、なんと採用していただけることになりました!!!
本人も行きたかった会社なので喜んでいます。

私もまさか採用されるとは思ってなかったので、すごく嬉しくて思わず、いろんな人に報告しちゃいました。

※就職、といっても身分はパートです。(特別支援学校でいってる「就職」というのはパートや契約社員のことだそうです。)


お盆が終わって手続きが終了したら、仕事開始。
今はお休みで、いろんな人からお祝いメッセージなどをいただいています。

先日は、高等部の担任の先生お二人にお祝いでごちそうになっていました。
その時の帰り道、(私も顔を出した)
若い先生「お給料もらったら、今度は私の結婚祝いをよろしくね!(笑)」
なんて言われていたのですが、
タ「先生、結婚できるの~?(笑)」と返事してました。

そんな会話ができるんだね、とちょっとビックリ。
本当に知らない間に成長していますね。

そんなこんなで、これから新しい生活になります。
就職先でのジョブコーチは今お世話になっている指導員の方なので安心です。
タウルスの事を良く知っているし、タウルスも知っているし。
高校卒業時にすぐに就職せず、この終了支援施設に通ってからだったことは、本当に良かった、と思います。
仕事のスキルも身に付き、自信もついたと思うから。
学校でのタウルスは先生からの評価も低くて、たぶん自己肯定感なんて持ててなかったと思う。

本人の「一般の会社で働きたい」という願いをどこか「そんなことできるのかなぁ?」と半信半疑だったけど、
結果的にはその本人のやる気がいろいろなことを可能にしたのだと思うと、本人の気持ちや意欲って大事だなぁ、と思いました。

「グループホームも入りたくない」って言ってるけど、これについても親の亡き後の心配のために、無理やり親がレールを引くのではなく本人の気持ちを大事にしたい、と思っています。

スポンサーサイト

Comment

タウルスさん就職おめでとうございます!!

これからが本当のスタートですね!
おめでとうございます!!

ラスカルスズカさん

お祝いのコメント、ありがとうございます!
これからも何かあるかもしれませんけど、今までも乗り越えて成長してきたので、大丈夫!と信じています。
これからもよろしくお願いいたします。e-420

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。