スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年生になってから

5月は福祉事務所訪問とハローワーク登録がありました。
両方とも全体説明と面談。(親も参加)

両方とも10名程度のグループで行くので面談の待ち時間があり、福祉事務所の時の待ち時間に、顔のニキビをいじっていたのでつい私が「さわるとひどくなるよ」と言ってしまった。

それが引き金になり、

「薬を買いたい。」(時間がなくて買えない)
 ↓
「中学の保健室では薬を塗ってくれたのに特別支援学校の保健室は塗ってくれない。」(体質に合うかどうかわからない薬を塗れない。個人が持参しているものなら可能。)
 ↓
「保健室はひどい。」
 ↓
「特別支援学校はひどい。」
と不満が怒りへとエスカレート。

近くにいた友達も「Tは文句が多い。」「嫌な雰囲気になるからやめてほしい。」(ひとりごとのように)
と言われてた。

終了間近だったので、そのままほうっておくしかなく、私は帰途へ。
(本当は他のおかあさんたちとランチでもしたかったのだけど)

その後は、同行した担任の先生の道間違いをきっかけに気持ちの切り替えができたようです。
が、なんだかこの頃、怒りの沸騰点が低くて、さらにその怒りがエスカレートしてしまっている気がします。
年齢的なものなのか、成長ホルモン療法をやめたせいか、わかりませんが…

ハローワークのほうでは特に問題はなかったのだけど、面談の順番が最後になってしまい、誰もいなくなった待合室でだらけてイスに寝そべり、担任の先生からは注意を受ける。

ハローワークの担当者との面談は笑顔でしっかり前向き発言で答えていたので「笑顔でとてもいい雰囲気で面談ができて気持ち良かったです。これからもこの感じでやってくださいね。」と言われました。
あのパニックさえなければ200点って感じなんだけどねぇ…

ハローワークでは働く上での注意がいくつかあったのだけど、「遅刻しない。」というのがあり、息子は時々遅刻していたし、その朝も遅刻(起きるのは早いんだけど、時間の読みが甘く最後に時間が足りなくなる。しかもバスを寝過ごした。)ちょうどいいタイミングでの注意だった。

「遅刻は急になおそうと思っても無理だから、今のうちにゼロにしてください。」
「遅刻はしないことが当然。」

今までも家を出る間際になっていろいろと問題が発生→簡単に遅刻、ということがあったので今後はそのような事がないように親子とも注意しようと思う。

あれこれ余計なことにそれるとそれたままになるのが問題なんだけどね。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。