スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実習してきました。

先週1週間、某スポーツ用品チェーン店で実習させてもらいました。
実習の前には(形だけ)先生と一緒に面接。
一人で通勤練習もし、当日朝は私が一緒に行ってご挨拶。
(自宅から職場まではバス1本、1時間弱です。)

時間は11時(10分前に入る。)~16時。(最後の30分間は実習ノート記入)
制服はGパンと制服の上着。
仕事内容は品出しと清掃。

1日目、帰ってきた息子は「楽しかった。」「みんな親切に教えてくれた。」「もっと仕事がしたい。」ととっても楽しそうでした。

水曜日には15分ほど見学させてもらいましたが、お店の方に教えてもらいながら一所懸命仕事している姿に涙が出そうになりました。制服も似合ってましたよ。
段ボールで届いた商品を袋から出してハンガーにかけてサイズのチップをつけ、その後、各売り場の場所にかける。とそんな感じの仕事でした。

そして無事5日目。
担任の先生と保護者とお店の担当の方と反省会。
担任の先生が「何か困った事などありませんでしたか?」という問いかけに
「だいじょうぶでした。すべて問題ありません。」「5つのあいさつもきちんと言えましたし。」「笑顔がいいです。」「お掃除も細かいところに気がついてよくできていました。」

意外なほど、良い評価でちょっと驚きました。
本人も楽しく仕事できたので、お店の方たちが上手に接してくださって、仕事の内容も合っていたのでしょう。

「正社員じゃなくてバイトなら…(可能性があります。)」みたいな話も少しありました。
(どっちみち特別支援学校の生徒はここ数年正社員ということはないらしい。)

2年生なのでまだ卒後に直結した実習ではない、と言う事だったけど、本人もすっかりその気になっています。

実習最後の日の担当者の方のコメントです。

「最終日もよくがんばってくれました。仕事ぶりを見ていましたが、笑顔でお客様へのあいさつもよくできていましたし、商品陳列の決まりごとも理解してしっかりできていました。何よりスポーツが好きだと言う気持ちがすごく伝わって来ました。きっと気持ちがあれば、苦しいことも乗り越えられると思いますので、大切にしてください。こちらもいろいろと助かりましたし、勉強になりました。ありがとうございました。」

いい評価をいただいたことも嬉しいのですが、毎日いただいたコメントも必ずほめてから課題を少し書いてくださって、気持ちを汲んでくれているのがよくわかりました。

このお店では今まで障害のある人を雇った事はないけれど、チェーン店の他店では働いている方もいるそうですし、実習生も毎年受け入れているので、理解があるのだと思いました。

そんな周りの環境だと本人のやる気も100%生かされますね。

来年も同じお店で実習できますように。





スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。