スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実習に向けて(個人面談にて)

もうすぐ、実習が始まります。

個人面談時に実習先に生徒のことを書いたものをお渡しするそうで、その内容について先生が作ってくださったものを親子で確認してください。と渡されました。

企業の方が見て「あれこれ面倒そう」と思われないように、主にいい面をアピールした形になっていて、ちょっと注意が必要なことについては口頭で言うという戦略(?)だそうです。

そこで、先生からの提案があったのですが、「PWSだということは書かずに軽度知的障害にとどめておいては」とのこと。
理由はPWSといっても普通はみなさん知らないので、中にはインターネットで検索などする人もいるかもしれない。その場合、ビックリするような内容が多くてひいてしまう恐れや、必要以上に構えてしまうかもしれない、ということでした。

なるほど…

でさらに先生は「タウルス君の場合、あてはまらないでしょ?」と。

(う…ん、あてはあることも多いんだけど…)

と思ったのですが、先生は
「生活上のほとんどはとてもいい子で仕事もできる。たま~~~~にあるパニック(トラブル)だけなのに、逆に思われてしまうのではないかと思います。」

そうですね。
なるほど、たま~~~~~にだけど言っておかないといけないかと思ってたけど、それでいいんですね。

あとは就業先としては障害のある仲間のいるところではなく、一般の人たちの中に入って仕事をするような場所がいいのではないか、とおっしゃってました。
私もそれについても同じ意見。
同じように傷害を持ったお子さんたちの中だと(特に軽度のお子さんたち)、何かとトラブルになりやすい。
たぶん、タウルスが他の子に負けたくないという意識も働くからみたいです。

だけど、普通の大人の言う事ならとても素直に聞けるし、期待にこたえようとするから。

学校でも掃除や職業の時間、とてもよく仕事をしているそうです。
彼のやる気をうまく育ててくれている今の先生と、学校に感謝です。
仕事もやる気満々なので、それを活かせる所へいけると良いと願っています。

スポンサーサイト

Comment

なるほど

うららさん、おはようございます(^^)

記事を読ませていただいてからしばらく考えてしまいました。
私もきっとPWSということを伝えなきゃと思うと思うんです。
だけど、確かに企業側にとってはPWSという病名なんて関係ない(極端な言い方かも知れないけれど)かもしれませんね。
PWSのタウルス君を見てほしいんじゃなく、タウルス君個人を見て、何ができるか、そしてタウルス君の得意な部分、不得意な部分・・と見ていってもらえるほうがありがたいかも・・・と思いました。

あつやには今のところは一般企業への就職は考えていませんが、タウルス君の今後がとても気になります。
是非これからの経過も参考にさせてくださいね。

タウルス君にとってベストな職場が見つかるといいですね。

放置しててすみません。

hiyoさん、コメントいただいたのに放置してしまいすみません。
あつやくんは企業は考えてないんですね。
うちの場合、本人が作業所には行きたくない、っていう意思があるので…

息子の事をわかってくれてフォローしてくれる(今の担任のような)人が一人でもいれば、たいていの事はうまく行くんだけどと思ってしまいます。
今は先生の片腕として頑張る自分に満足しています。
息子の実習は今のところスポーツ用品のお店で2月頃のようです。

お疲れ様でした。

今日はお会い出来てお話しさせていただいて有難うございました。タウルス君もお疲れ様でした。よいお年をお迎え下さい!  また、お会い出来る事を楽しみにしています。

バニラさん

お返事書いたつもりなのに、消えちゃってました。
コメントありがとうございました。
また、お会いできるのを楽しみにしていますね~

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。