スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ実習

いよいよ高等部の生活も半分が終わり、残りは約1年半になってしまいました。

KC3O0040.jpg

この写真は学校の作業の授業。(授業参観中に撮りました。)

昨年はクリーニング班(学校内の洗濯物を集めてきて洗濯・アイロンをして配達する)でしたが、今年度はリサイクル班。
近隣のお店などからペットボトルや牛乳パックを回収してきてキレイにして配達する、という仕事です。
昨年も今年も障害の程度はさまざまなお子さんが混じっていて、作業の内容もさまざまです。

他には木工班や紙工芸班などがあり、どの班にするかというのは一応本人の希望を聞いた上で、希望が多いと第二希望になったりするようです。
息子は最初は織物の班を希望してたらしいけど、人気があるのでダメだったみたい。でも特にそれについて文句などはないようです。

それから先週はミニ実習。
1回目は面接。(形だけの物で、それで行ける行けないというわけではないようです。)
その後、2日続けて学校から先生に引率していただいて10時くらいから14時くらいまで昼休みをはさんで仕事。
(息子の場合先生1名、生徒2名)
行き先は作業所へ行く人や区役所へ行く人、企業へ行く人とさまざまですが、本人の希望と先生の判断で決められているようです。
息子は地域の大きなホームセンターで品物のパッキングなどをやらせていただきました。
「疲れた~~~」と言ってたけど、よく知っているお店で働けた事、お店で働いている他の人たちと交流が持てた事も楽しかったようです。
3年生になると実際に就職に結びつく実習のようですが、2年生の実習はそういうわけではないそうです。

中学の時はファミレスでお皿洗いをさせてもらい、すっかりファミレスで働く気になっていたのですが、今回の実習ではファミレスよりホームセンターのほうがよくなったみたい。

もともと仕事をする意欲はあるから、後は人間関係がうまくいく環境かどうか、ということが問題。
今回のように一般の人たちと働ける、体を動かせる、お客さんもいる、というような仕事は本人にとっては満足度が高いし、案外うまくいきそうな気がしました。

やっぱり食べ物関係は避けたいし、ファミレス希望から抜け出せて良かったわ~

先日受けた研修会では「仕事ができるかどうかということはあまり問題ではなく、むしろルールが守れるということのほうが大事です。」とおっしゃっていました。
先生も「仕事は大丈夫だと思います。」と言っていただいたので、その他の部分が課題、ということですね。
スポンサーサイト

Comment

No title

超久々登場です♪
再会して身長の伸びと共にすっかりお兄ちゃんらしくなってて感動したよ~っ。。
会うなり2人で手をつないで歩いて、仲良ししてたから安心しちゃったぁ☆
高2ともなると就労が目の前で、、真面目に取り組む姿が眩しいわぁ。。
彼にあった職場が見つかるといいね♪
いつか一緒に富士山挑戦したいから・・・私自身も少しは鍛えないとね。。。
またゆっくり語り合いたいなぁ★

嬉しかったよ~

ほんとに久しぶり~
SARAちゃん、雰囲気は依然と変わらずカワイイまま一回り大きくなった感じだったね。
ママさんにも会えたし良かった(*^_^*)
息子も初めて会った同年代のPWSちゃんたちと仲良く遊べていたのでホッとしました。子どもたちがいて騒がしかったけど、そんな子どもたちの様子を見る事が出来るのっていいなぁって思ったよ。
SARAちゃんが富士山にチャレンジできる頃まで私も現役続けて頑張らなくちゃねv-8

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。