スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新学期から

新学期がはじまってから約1カ月。
高等部2年になった息子は足を怪我したものの(犬にかまれた)元気に過ごしています。

1年生の終わりに希望を聞かれたクラス分けは職業と生活のクラスになり、同じクラスのメンバーはあまりコミュニケーションのない大人しいお子さんたちなので、はじめは「おもしろくない。」と不満をもらしていましたが、今はリーダーとしていろいろがんばって、他の子たちへやさしくしているようです。

仲良くしていたお友達はみんな職業クラスになりました。
つまり本人が楽しく交流できる(したい)お友達とは能力的には差があるってことなんですよね。

それと一番重要な担任の先生。
お二人とも私にとってははじめてかかわる先生たちでしたが、すばらしいです。
昨年、先生とのトラブルを考慮してくださったのでしょう。
連絡ノートには毎日ほめる内容が書かれています。
家庭訪問の時に聞いたんだけど実際にはトラブルがあったりして息子が叱られたこともあったようですが、そういうマイナスなことはさらりとおしまいにしているようです。

思い返してみると前年度は、先生からトラブルの事ばかり書かれているうちに本人も私も自信をなくしていったように感じました。そうするとますますトラブルばかり。悪循環。

いろいろな細かい決まりごとも昨年とは違ってゆるやか。
安心して過ごせそうな気がしてホッとしています。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。