スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体力測定結果

学校で体力測定が行われ、その結果が返ってきました。
こういうのを受けたのははじめて。
握力や反復横とびとか、むかし私もやったことがあるけど、昔と違って、結果(判定)というのは平均値や自分がどのくらいのレベルなのか、何が必要かなどなど、まるで模擬試験の結果みたいなもの。

それでこの学校は通常の学級と一緒になっているので、上体起こし以外は全部平均値より下。
学年の総合評価も下から2番目(6段階)。

項目別の10段階評価
 瞬発力③「もう一歩」
 パワー③「もう一歩」
 持久力⑥「まずまず優秀」
 全身持久力③「もう一歩」
 敏捷性④「あともう一歩」
 柔軟性③「もう一歩」

小学校の時はリレーの選手になったこともあったけど、中学になったら体格的にも差が出てきたのはわかっていたけど、こうやって数字になって出てくると、「やっぱり…」と微妙な気持ちです。
たしかに毎日運動しているわけじゃないから、もっと努力すればUPするかもしれないけど、疲れてしまって学校で寝てしまうからそれもできないし…
もうじゅうぶんがんばっているからいいよね。
スポンサーサイト

Comment

親が思う以上に、本人は疲れているんだと感じる…。
体力面もそうだけど、精神的にも…。多分、言葉や表現で上手く言い表せない分、精神面での疲れは図り知れない気がする……。

坊主の

うん、うん、そうだよね。
意欲や向上心があってテンション高めだし、よく理解できていないことも(目から見た?)情報から判断して行動してるからね。
だから、まわりがあんまりがんばらせすぎないように注意しないといけないのかも。
山登りは他の人よりもペースを落として、余裕を持った日程なら可能だから、こういうタイプには向いてるなぁと思いましたi-235
私たち(中高年?)にもちょうどいいしねi-236

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。