スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山登頂の記録

いろいろな山に登った時に見える富士山はダイスキ!!
だけど、木々や花、沢もなく、何よりも混んでいる…というわけでイマイチ登る気はしなかったのです。
でも、タウルスの希望もあったし、日本一の標高、一度は登っておきたい、と計画を練りました。

1泊するかどうか、ご来光はどうするか、悩みましたが、私たちの場合、登頂が第一の目的なので、ご来光を目的にした夜間登山はしないことに。

一番心配だったのが今までに経験のない標高による高山病だったので、当初は須走口から1泊で計画。でも、あいにく山小屋を予約した日は天候が悪くて中止。
ちょうど、その時、知人が富士宮口から日帰りした話を聞いたので、私たちもそのルートで挑戦することにしました。
日帰りなら、気楽に挑戦できるし、山小屋の混雑とも関係ありません。

現地で仮眠しても高山病になった話を聞いたので、
私たちは前日自宅で早起、夕方6時に就寝し12時に起床、現地へと出発しました。

(一番大変だったのが、計画段階だったかも…)

富士宮登山口の駐車場では雨。
車の中で食べたり、着替えたり準備。
薄暗いし雨だし…と心配していたら、だんだん明るくなるに連れて雨も上がりました。

高山病を心配して、すべてゆっくり時間をかけて行動。
ストレッチも念入りにしました。

出発すると雨があがったので雨具を脱ぐ。

090807富士山1

ゆっくり、ゆっくり歩き、山小屋ごとに休憩。
1時間以内に山小屋やトイレがあるので安心です。

090807富士山10


090807富士山11

090807富士山15
振り返ると多くの人が登ってくるのが見えます。

ペースが速い小さなお子さんたちはだんだん登れなくなっていたみたい。
大人も高山病らしき人が休んでいたり、足が痛そうに下りている人もいます。

ついに未経験の3200m。
今まで高山病の経験はないけど、念のために休憩のたびに酸素を吸いながら上ります。
タウルスは休憩のたびに5分くらい昼寝もします。

090807富士山17
九合目付近の万年雪が見えます。タウルスはまだまだ元気!

090807富士山23
最後の山小屋も見えてきました。
あと、一息!

もくもくと登っていたら、いつのまにか、ついに鳥居や郵便局のある最終の山小屋到着!!

090807富士山27

(いろいろ悩んだ割には、あっさり登頂できた気がしました。空気が薄いかどうかもよくわからなかったし、心配していた高山病もありませんでした。ただ鈍感なだけ?笑)

タウルスが出発前に準備していたハガキにスタンプを押して投函。

090807富士山30

ザックを置いて最高峰の剣が峰まで往復します。
火口には雪が残っていました。
090807富士山39

090807富士山33
山頂近くの富士山観測所の建物。(今は無人)

090807富士山36
(遠くから見るとぴょこんと出ている剣が峰。3776.5mの最高地点です。)

鳥居のところに戻って、ゆっくりパンを食べてお昼寝タイム。続々と到着する人たちで大賑わいです。

090807富士山41
寝息を立てて寝ているタウルス。

13:00下山開始。
上りでは必ず休んだ山小屋もひとつ飛ばして、下ります。

090807富士山45
もう、必要ないと思うんだけど酸素を吸ってます。笑

途中、砂走りのように降りられる箇所もあって、私はマスクをしていたのでだいじょうぶだったけど、タウルスの顔は砂でザラザラになっていました。

週末なので登ってくる人が多くて、すれ違いもあるのでゆっくりしか下りられないのだけど、それでちょうどいいペース。
登りは思ったよりも楽でしたが、最後のほうは疲れてきて靴の中でマメが痛くなりました。
スニーカーやGパンの人や小さな子どもも登っている観光地のような雰囲気。
不思議な山。
でも、終始雲の上の大きな景色はやっぱり他の山とは違って、富士山は特別な山だ、と感じました。

富士山、ありがとう!

090807富士山47



※タウルス以外にも最近PWSのお子さんが富士山に登頂された方がいるという話を聞きました。

※また、PWSのお子さんが登れるかどうか、と質問があったので、これから、登ろうと考えている人向けに私なりの考えをちょっとまとめてみました。

・登山道は難しい箇所はなく、他の人に道を譲る場所もある。

・他の人のペースにまきこまれず、マイペースを守って時間をかけてゆっくり登る。
(息が上がらない程度。)

・鼻で息をすることを心がける。(口で息をするとのどがかわいちゃうから。)

・低山でいいので何度か登っておく。

・高山病対策としてできれば、富士山に登る前1ヶ月以内に2000m以上の山にも登っておく。

・天候の安定している時に登る。

・ご来光を見ようとするともっと混雑や渋滞がありそう。ご来光の時間は気温が低いから、それなりの装備も必要になるので荷物が重くなる。

・今回、タウルスは日帰りだったけど、登山経験があまりない人や体力のない人は小屋泊のほうがいいかも。(ちなみにタウルスは現在ほぼコースタイム程度、1日7・8時間歩けます。)

・山小屋泊まりは1つのおふとんに3人くらいが普通らしいので、それなりの覚悟が必要。

・今回、一人4Lの水を持って登った。(消費は2L程度)
でも、たくさんある山小屋で500mlのペットボトルが400~500円くらいで売っている。

ぜひ、がんばってトライしてみてください~
スポンサーサイト

Comment

No title

富士山登頂、おめでとうございます!
タウルス君もさぞかし喜んだのでは。
富士山は難しい山ではないけれど、やっぱり特別な山ですよね。
この夏はあとはどちらにいらっしゃるのかしら。
どうぞ、思う存分楽しんで下さいね。

Akiさん

ありがとうございます!!!
ついに…ついに…行けました。
なんだか、「高山病は…?」「混雑ぐあいは…?」といろいろ気をもんでいただけに、無事に登頂できて喜びもひとしおでした。
息子は山頂でハガキを出したのがおもしろかったようで、毎日「まだかなぁ?」とポストを気にしています。(でも、富士山からはそう簡単には届かないようで、まだ来ていません。)
今年は天気がイマイチなので、変更変更ばかり。
この夏、あとは息子の希望は間ノ岳。やっと大樺沢の雪が融けて夏道が出たようなので後は天気しだい、というところです。
Akiファミリーとまたご一緒させてくださいね。

おつかれさまでした!

富士山登頂、あこがれです!
雲の上の景色がほんとうにすてきですね。
体力に自信がない私ですが
いつかコドモラと登ってみたいなあ。

りっきママさん

お久しぶりです!
やっぱり、富士山あこがれですか?
山登りをしていなくても富士山には登りたい、っていう人って多いみたい。

高山病になったりして、途中で断念して何回もチャレンジする人もいるみたいだし、本当にビックリするくらい、いろいろな人が登っていて小さなお子さんもいっぱいでした。
だめもとでも、とにかくチャレンジしてみるのもいいですよね。

富士山登頂をきっかけに山にはまる人も多いし、人がたくさんいるとコドモってがんばれるみたいだし、ぜひチャレンジしてみてください~

気持ちいいこと間違いなしですよ。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。