スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしい言葉

先日は3年生になってはじめての個人面談がありました。

今年度の個別指導計画と支援計画の原案が示され、修正や確認がありました。

その時、最後に私のほうから「どうしたら、人の言葉を悪く受け止めないようにできるでしょうか?」という質問をしたところ、先生からは意外な言葉がかえってきました。

「こういう学級に通っているお子さんたちは、みなさんそうなんですよ。悪く受け止めないようにする、というのは難しい。だから周りの私たちが、わかりやすく話したり確認したりする必要があるんです。そしてそれを次のところへ言ったときにも引き継げるようにしていくのが特別支援教育の考え方ですね。」

てっきり息子が変わる必要があると言われる、と思っていたのに…とても感動しました。
先生は2月3月のいろいろなできごとを通して、息子にはもっと簡単にわかりやすく説明しないとだめそうだとわかって、そのようにしていただいているのでしょう。
最近はとても楽しそうに過ごしています。


また、ある方からは「また何かやってしまうかもしれない。でもそれはPWSのせいで、彼が悪いわけじゃない。それでもそれを克服するためにがんばって、今年より来年、来年よりその次の年に成長していければいいじゃない。それができると私はタウルス君を信じている。」って言って応援してくれました。

何か、事件を起こすとついわが子が信じられなくなりそうになるけど、信じてくれる人がいるってことがどんなに人に勇気を与えるのかとよくわかりました。

信じること、願うことって大事ですね。

このごろ、人からもらっていると思うことが多く、私も人に何かを与えられる人になりたいと思うようになりました。
スポンサーサイト

Comment

素敵な先生と巡り逢えて本当よかったね(^O^)
うららさんだけじゃないと思う。我が子を信じられなくなってしまう気持ち分かるもん…そんな自分も嫌になっちゃう事あるし。。

タウルス君が毎日楽しく過ごせてるなら、それってなによりも幸せな事だね(^o^)v

No title

ホントに良かったv-119
きっと先生達も勉強してくれてるんだね。。
うちもいい先生との出会いがあるといいな♪

もうあと2年で就学だもんね~。。
他人事ではないのだv-33
今年は公開週間の時に少しづつ見学に行くつもり。

タウルス君、優しくてスポーツ万能で素敵なお兄ちゃんだから
うちは未来も沙良も大大大好きだよ~v-238
年下の子に好かれるって、、生まれつきの優しいオーラが出てる証拠じゃんv-221



坊主のママさん

この先生は、裏声だと指導しようとする先生なの。
でも、話をすると、わかってくれる。話を聞いてくれる姿勢や一緒に試行錯誤してくていることが嬉しいです。
それに、担任はいつも学校が楽しい、と言っているというととっても嬉しそう。
保護者の仲には前の学校みたいに厳しい指導を望むいるけど、同じように厳しい環境じゃないと結局、もとどおりになってしまうみたい。
私はそれよりも楽しく成長できれば、それが一番かなって思ってます。

SARAママさん

SARAちゃんもあと2年で小学生だなんて時のたつのは早いものですね。
学校選びは自分の目で確かめるのが一番。
見学はできる限り行ったほうがいいですね。
担任は重要なんだけど、先生や校長先生は変わってしまうもの。でも、少人数の学級でない限りそれまでの学校全体の校風や学級の雰囲気は受け継がれるので、そんな視点で見学するといいと思います。
保護者の評判というのも、ある程度参考にはなるけど、保護者の考え方やお子さんの様子も違うので、その点は注意かな?
SARAちゃんも楽しい学校生活が送れるといいですね。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。