スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話の使い方

警察から電話があって、タウルスが携帯でいたずら電話をしていたことが判明。

「具合の悪い人がいます。」と119番に電話したり、仮名で電話をしてピザを注文したらしい。

なんで、こういうことするのか…
人が騒ぐのがおもしろいのかな。

悪いことだとわかっているから履歴もちゃんと削除してありました。


厳重注意をして電話帳に載っていない人にはかけられないようにしたけど、これでいいのだろうか。
携帯は持たせないほうがいいのだろうか。

私が骨折しているのを気づかって、カレーを作ってくれたり、ふとんを敷いてくれたりするのに…
こういうことがあるたびに信用できなくなってしまう。
スポンサーサイト

Comment

No title

こんばんわ
記事を読ませてもらってから時々考え込んでいます。
なんだか、その行動が分かるような気がしましたから・・・。
あつやも同じようなことをやりかねない。
信用していたら裏切られる・・・というようなことは小さいころからいろいろ繰り返してきました。その度に落ち込む自分。。。やり場のない悲しみ。
あつやはまだ小学生だから私や先生の目の届く範囲での「裏切り」だからなんとかなってきた。大きくなっていくことで心配なのは、知らないところで人に迷惑をかけていることに親の私達が気付かないことがあるのではないかということ。
タウルス君の行動はうららさんにとってかなりショックなことだったと思います。
どうして?と思っても分からないんですよね・・・。だって普段はとても優しくておとなしいのに。
先日、あつやがネットでゲームを楽しんでいるのをふと覗いたら、チャットに「早くせい!ボケが!」「殺すぞ!」とかいう言葉を相手に送っていました。
ばれたら怒られるのはわかっていたのだと思います。サッと隠そうとしましたから・・・。もちろん、厳しく叱ってもう二度とチャットを使わないと約束したけれど、この約束は簡単に破ると思っています。こういうときは、「やっぱり見ていなきゃダメなんだ」と自分を反省し、あつやの行動パターンのひとつとして今後も目を光らせておかないといけないな、と思っています。
あつやがもっと大きくなったとき、あつやも携帯を持つようになるかも知れません。
そのときにそういうことをする可能性があることを肝に銘じておきます。
大事になる前に警察の方から連絡をもらえてよかったですよね。(そう思いたいです。)
落ち着いてる日々が続いてるよな~・・・と油断したときに隙を突かれる裏切り行為。
これもまたPWSなのでしょうかね。。。

hiyoさん

こんばんは。

この記事を書いた後、だんだんいろんなことがわかったのですが、知れば知るほど、理解できない行動なんです。
本人は電話ごっごの延長なのかもしれないけど…
消防署やピザ屋さんに変な電話がかかってきた、という程度かと思っていたんです。(そんなにうまくしゃべれないはずだし)


そうではなく、短期間の間にお隣の家に救急車を2回、ピザ屋さんが1回、行ってしまい、そのお宅では年頃の娘さんがいらっしゃることもあり「誰かに狙われている?」と恐怖の日々で外出する気にもなれなかったそうです。
警察や消防やピザ屋さんとしては、そう大きな事件でもなく、よくあること、と思われたようなのですが、3回もいたずらがあった家の方としては本当に恐怖だったことと思います。

もちろん、息子だとわかったからと安心できるはずもない。子供のいたずら、という年齢ではないし、履歴を削除するほどの知恵も回る。「この後も何かされるかしら?」と不安のようです。(私も同じ。)

携帯を持たせるとこういうことがあるっていうのは私も確か聞いたことがあったのに、うっかりしていました。
何事も慎重に、そして常に注意をしてないとだめだと反省しました。
学校の先生がとても協力してくださって助かっています。
その先生が「他の子たちもいたずらするけど、もっと早く簡単にばれるので大きなことにならないで済んでいる。」っておっしゃっていました。
本当に、今回、わかってよかった。
でも、せめて1回くらいのうちに気がついていれば、と思いました。
あつやくんは、やさしそうだから、人が困るようなことはやらないのではないかしら。(hiyoさんの影響だといつも感心しています。)

こういうことがあると、息子が信じられない事もいやだけど、つい自分の育て方が悪かったのでは、と思うと落ち込みます。

No title

う~~ん。。
お隣さんちが被害者じゃ、たまらないね~
しかも確信犯かぁ。
ストレス溜めてたりしたんじゃない
叱られたい→僕をみて
無意識に注目されたい意識が強くあるのかも。。

誰かにひどく怒られたり、認めてもらえない不満なことがあると、ストレスを溜めて、とんでもないコトを考えたりするのかも。。

ストレスの元を解決していかないとまた繰り返したり、本人を追い込むことになったりして心配だな
次回の成育診察はいつかな
うららさんは出来すぎるほどよくやってるよ
いつも尊敬してるんだよ自分を責めないで~
近々ゆっくり遊ぼ
野生児たちを芝生に放流して語り明かそう
来週末はいかが~

SARA姫ママさん

ストレスの元!
思い当たる節はいっぱい。

3月の2週目にモチツキ、言語検査、合唱コンクールがあり、その週に2回やっているんです。

予兆として2月から3月にかけて泣いて訴えたことが何回もあったし。
・給食のおかわりができなかったこと
・言語検査を受けたくない
・低い声で歌えと言われた
・右手が痛かったから左手で作業をしてたら怒られた

そして、ストレス症状と思われることとして
・かきむしり再発
・耳の痛みを訴え早退した(給食前に!)
・夜中に起きてきて腕の痺れを訴えて泣いていた。翌朝は学校遅刻。
・ゼリー飲料を飲んで容器をトイレに捨てた。

これだけ、兆候があったのだから、なんとかしていればよかった。

それから、学校であいかわらず「裏声」を指摘されていることと、「居眠りは意識の問題」と言われていること。私としては体の問題をなんとかしようというのは目が悪くてめがねをかけている人に「意識の問題だ。もっと見ようと思えばメガネがなくても見えるはずだ。」って言われてるのと同じじゃないかな、って思うんだよね。

なんとか指導して普通に近づけようと思う熱意が逆にストレスになっていそうな気がするんです。

ストレスの元

(↑に追加です)
息子のいろいろな兆候に対する私(たち)の対応がよけいにひどくしてしまったのか…
どういう対応にしていればよかったんだろう…
って思います。
たとえば、学校の先生に言われたことで泣いたりや耳や腕の痛みを訴えた時、ぐずぐず言っている時、なんとかなだめようとしたり、病院へ行ってたいしたことがないとわかってから学校へ行かせたのだけど、それでよかったのか…他の方法はなかったのか…
言語検査の先生は「まきこまれないように」とのアドバイスだったけど、実際なかなかむずかしい。
具合が悪いと言うものを親の判断だけで病院に連れて行かないわけにもいかないし、本人も納得しなくて収拾がつきません。

とにかく親が日々を大切に、人に感謝しながら生きる、、、それが欠けているんだろうな、と反省しています。

No title



タウルス君の最近のストレスが今回の問題の原因だってことは合ってると思う。
でも読んでいても私はどうも納得できない。その学校で言われていることが。。。
裏声だっていいじゃない?誰に対して「ダメだから」と言うのだろう。
人間にとって誰でも自分を尊重されないってことが一番辛いことじゃないかな、と思う。うちのあつやもそうだけど、タウルス君だって自分を認めてもらえない環境はしんどいところなんじゃないかな。そのしんどさを伝える手段が今回の形になったんだと思う。普通だったらストレスの発散先が迷惑行為になることは選んだりしないし、避けるんだろうけれど、この子達はそこの感覚がちょっと違うのかも・・・と感じるのです。
だからこそ、助けが必要な障害者なんだって思うんです。
PWSという先天性の病気を持って産まれてきた以上、治る(どうなったら治ったといえるのか説明できないけれど)ことのないこの子達の個性と向き合って生きていかなくちゃいけない。
健常者でも生きにくい世の中なんだから、この子たちにはもっと生きにくいよね。
だからこの子たちが生きやすい場所を探してあげなくちゃ、といつも思います・・・。

なんだか上手く書けないですが・・・。

うららさんはご自分を責めないでくださいね。
タウルス君を育ててきた自信をなくさないでください。
ちゃんとタウルス君のストレスを見抜いているし、ちゃんと見ているじゃないですか。
食事管理してスマートに保たれていることや、山登りを通して頑張ることを親子と共に学んでいるうららさんはすごいな~って思いながらいつも読ませてもらっています。

もっと見ようと思えばメガネがなくても見えるはずだ、っていううららさんの意見、ホントにその通りだと思います。
合唱の記事を書かれていたときも腑に落ちない感覚にとらわれていましたが、上手く表現できずコメントできませんでした。
でもやっぱり、学校の(先生の)やり方が間違っていると感じます。
タウルス君をもっと尊重してあげて!って言いたいです。


No title

お久しぶりです。

お隣の家は、タウルス君に優しいんじゃありませんか?
だとすれば、それはいたずらではなくて、SOSなんですよ。
ゆみも、小中学の時に色々なトラブルを起こしましたけど、何とか謝れば許してくれる相手にしました。
そういうことにも気が回るんですよね。

携帯は、高等部でもたせましたが、あまりにトラブルが多かったので、今はもっていません。
依存症気味になっていたのも、本人としては辛かったみたいですね。
やってしまったことは明らかに限りなく犯罪に近い行為として、分からせなくてはいけませんね。
その上で、再度やったらペナルティとして、もう二度と携帯はもたないと約束させるしかないでしょう。

社会の溢れるような刺激は、この子たちには耐え難いものなのかもしれませんね。
穏やかな環境と、特性に合った仕事を与えてあげたいと思いますよね。

No title

どう考えても学校の指導方針が間違ってると思うし、理解、配慮が足りなすぎると思う。
相手は担任なのかな?
なら学年主任やコーディネーター、ダメなら校長に直訴してみれば?
この子達の色んな思い、苦しみ、落ち込み、混乱、ストレス性発作的悪戯癖、親の熱い思い。
手遅れにならないうちに、腹割って話し合ってみれば?
一個一個小さなことでも列記して、先生や関係者に説明してみたらどうかな?
やはり守れるのは親しかないよ。。
諦めたらだめだよ。

私じゃ非力だけど、、資料入れたカバン持ちで駆けつけるよ!?
パパさんに資料集めてもらえばいいじゃん。。何かあそこ持ってそうじゃん?
週末設定してくれたら、応援団で同行するよ。

頑張れ~~!!!

hiyoさん

やさしいコメントありがとうございます。
涙、涙…でした。
熱を出してしまって、お返事が遅くなってしまいすみません。

裏声の件、先生に報告する時に、再度触れたところ「お母さんから言われてからはそのような指導はしていませんから。」とおっしゃっていました。
でも、今後他にもそのようなことがあるかもしれない。
息子から訴えられて事実を知ってから先生にお願いすることになると、どうしても手遅れになってしまうんですよね。
先生としては、普通と違っているところを直せば普通に近づける、と思っているような気がします。

言語検査の先生にしても、たしかに私の目から見ても感じが悪い。

裏声の件も言語検査の件も居眠りの件も、ちょっとひっかかる。だけど普通はやりすごしてしまうくらいの程度なんでしょうね。
いちいちそういうことに強く拒否反応してしまうのが問題、とは思います。世の中、優しい人ばかりではないし。
でも、それを直すってことよりも、よくできていることをほめて伸ばしておだやかに過ごさせてほしいだけなのです。

特別支援学級では息子には合わないのかもしれません。
あつやくんは特別支援学校を選んだ、というのは自分が無理しないでも過ごせそうだとちゃんと判断できたんでしょうね。
息子は高望みするタイプなので、つい無利しがち。それでストレスになってしまうんでしょう。
親がそこはうまくコントロールして無理しなくてもいい環境を選んでいかなくちゃ、と思いました。

この学校も入る前から「行事が多いですよ。」と念を押されていたんです。今回も「行事は多い学校なんで、参加させないというわけにはいかないですし。」と念を押されました。
遠くてもいいから、もっとゆるやかな学校を選ぶべきだったのかもしれないけど、もう後1年で卒業なので、なんとか、うまくやっていくようにやってみます。

ゆみママさん

お久しぶりです。コメントありがとうございました。

お隣さんは犬を飼っているので、散歩中に息子とあいさつや会話をするような普通のお付き合いでした。
息子はなんの悪意も持っていなかったようですし、一度は帰省先から電話をしていて、救急車が来るところを見たかったわけではなかった、のです。
許してもらえそう、だと思って甘えてたのかもしれませんね。

それからたぶん、学校で毎日書いている自分の家の住所と1番違いで覚えやすかった、というのも理由の一つだと思います。

携帯はやっぱり混乱のもと、なのかもしれませんね。
会話が上手でない息子にとってはメールを打つことで家族や友達、親しい先生に自分の気持ちを表現できるので、良いこととして見ていましたが、いったんいじりだすと止まらない感じです。

携帯は暗証番号でロックし、好き勝手にはかけられないようにしました。
それでもまた何か問題があるようならやめるつもりです。
今は、親がつきっきりなので携帯の必要性もないですし。

先生や職員のような方ですごく上手にお付き合いしてくださる方がいるとすべてうまくいくと思うのですが、反対の人が一人でもいるとぶちこわしになってしまいそうです。
この世の中、うまくいくほうがむずかしいのかしら、って思ってしまいます。

saraママさん

熱い応援いつもありがとうございます!

だけど…
こんなこと言っても、「わがままな親」ととられるだけなのよ。たぶん。

かえって、よかれと思ってやってくださっている先生を傷つけて敵に回しかねない。
普通はこんなことでいちいち傷つかないし、感謝する親もいるだろうし。

この学校はとってもやさしいし、丁寧にみてくれるけど、それでも息子には要求されるレベルが高いのだと思います。特別支援学級の中学は小学校と違ってレベルが急に高くなるところが多いようなので要注意です。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。