スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言語検査

学校で言語の先生の検査がありました。
小学校の時も、あったのと同じような感じで、1年に一度各学校を巡回して子どもたちを一人ひとり検査し、アドバイスを学校の先生方にしてくださるのです。

保護者も希望すれば見学が可能なので、見学して来ました。
たった15分の間にチェックをしてアドバイスをくださる。
またそのチェックが「黙って座ればピタリと当たる」っていう具合。さすがにプロです。


*****

【結果】

★できていること

1)一音一音を確めると発音できる。

2)自分で話すときは、問題がない。


★できないこと

1)先生が言ったことを繰り返すことができない。
例えば、「かもめ」が「かもね」になってしまう。

2)口が半開きのことが多い。


【結論として】
・一音一音をきちんと発音できて、自分から発した時は正しく発音できるのに、真似ができないのは「聞き取れないから」

・聞き取れない、というのは難聴というのではなくて、聞く姿勢・集中力などがないということ。

・聞くためには耳を育てる必要がある。

・だまっていることができないと聞くことができない。

・聴く事は語感も読み取れる。

・視覚優位。視覚で判断している。視覚で判断すると語感が読み取れず、勘違いしやすい。勘違いやわからないことが多いと辛いことが多くなってしまう。



【日常生活で心がけること】

・日常生活上の出来事を質問して、言葉で言わせる。(短期記憶をUPする。)

・具体的なこと(目に浮かぶもの)を言語化する。

・ゲームは30分以下にする。視覚を使うのでますます視覚優位になる。

・口を閉じることができれば、反対に大きな口も開く。口が大きく開くと発音もはっきりする。
そのためには物を食べる時にはよくかむこと。


*****

こんな感じで、大変参考になりました。

タウルスは最近、百マス計算からゲームにはまってしまっていたので、「30分以下」と言われて怒って泣いていました。

でも、その後、帰宅した時には納得したようで30分タイマーをかけてやっていました。


とにかくよく話しかけをすることが大事なのでしょう。
小さいうちから、もっと心がけておくべきことだったのでしょうけど、今更なんだか手遅れのような気がしてしまって、ちょっと凹んでいます。


※冬休みの書初め、クラスで銅賞をいただいたようです。本人からは何も報告がなかったので、学校便りで知りました。
「なんで、銅賞だったって言わなかったの?」
「だって、金賞が良かったんだ。」とのことでした^_^;
スポンサーサイト

Comment

「金賞ではなく銅賞だから言わなかった」タウルス君らしいと思いました(^o^)v1番になりたい・負けたくないという気持ちがあるのうらやましい!坊主には闘争心やチャレンジ精神が全くないのんびーりタイプだからなf^_^;

この頃、がんばっても負けることが多くて(勉強でも運動でも)、そうなってくるとその勝気が裏目なんです(-_-;)
のんびーりタイプのほうがいいよ~

うーーん、すごく勉強になります!!
タウルス君の言葉に微笑んでしまったよ。
いつもいつも貴重な情報、ありがと~☆☆
保存しておいてねん♪♪

うちの姫は最近や~~~~っと、言葉が増えてきたかも?

一昨日、トイレ待ちをしてる姉に向かって
”待って~”と言いながら必死でペーパで拭いていました!!
そして昨日、紙パックの牛乳飲みながら
”無かった”とつぶやいてました。

待ちに待った春がきたかも~!??
涙涙涙。。。

SARA姫ママさま

>いつもいつも貴重な情報、ありがと~☆☆

こんなふうに言ってもらえると嬉しいです~
あまり反応もないと「やめちゃおうかな?」なんて思ったりするけど、これでしばらくがんばれます(^^♪
(もし、やめたとしても消さないね。)

SARA姫ちゃん、とうとう春が来たのね(T_T)
また違ったSARA姫ちゃんの姿がひとつ増え楽しみ~♪
涙涙涙。。。。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。