スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正直に言えるように…?

昨日、保健室の先生と直接話しました。

タウルスが来る前の会話。
先生は「タウルス君は自分ではがしたのに はがれた、はがしていない、触っていないと言う。はがしたことを正直に言わない。卒業後のことを考えるとそれが言えるようになるといいと思う。」とのこと。
確かに、タウルスは本当のことを言っていないな…と思う時もあります。
でも、彼の中ではそう思い込んでいるのだから、それを責めるわけにはいかない。
やはり誰かがその場を見ていない限りは決め付けられないし。

でもタウルスには「先生は見ていないのにはがした、と決め付けて悪かったので、あやまります。」と言って下さったので、タウルスの気持ちはスッキリしたようです。ホッとしました。ありがとうございます。


それから原因のことが書いてあった理由は「保健室で手当てするのは学校での怪我や病気などの場合」となっているためのようです。
つまり、家庭での怪我だから本来は保健室で行わない、ということ。
いつもは自分でバンドエイドを持参していて、はがれたら自分で貼り替えているのだけど、その日はそのバンドエイドを忘れたらしい。だから保健室に行って、バンドエイドを貼ってもらったのに、それをはがしてしまって、また保健室に行った、それは困ります、ということだったのかな。

そういえば、バンドエイド、かきむしりをしてしまった時の手当てについてきちんと学校側と確認しあったことがなかったということに気が付きました。

とにかく、バンドエイドを忘れないようにしなくちゃ。

それにしても「卒業後はこんなことではだめだ」というようなセリフが合言葉のようにしょっちゅう出てくるのだけど、卒業後は大変そうって希望が持てなくなりそう
スポンサーサイト

Comment

その合言葉?!(>_<)
確かに卒業後の事考えたら、出来る事が増えたほうがいいのは間違いない。けど指導のやり方は間違ってると思うな・・・
今まで何年も何度も同じ事を繰り返し本人が納得してやっと出来るようになる。それでも注意の仕方一つで納得できず怒ったり、謝れなかったり、本当の事が言えない。
特別支援学級って、一人一人に合わせた指導をしてくれるものではないかな…
給食半分・おかわりの件も本人達は何でか分からず言われるがままで先生に文句も言えずにいたんじゃない?それって指導ではなく体罰?精神的虐待?だよ!今の指導を通常級でできるかな?!できないなら、明らかにおかしい指導だね。

イヤだと言えず、従ってしまう子達…だからだんだんエスカレートしていても気がつかないのでしょうか(-_-;)ストレスのせいかなと思われる身体的症状の出ている子も何人か知っています。

今日は、さらにビックリしたことがあります。
1週間前に先生に手を踏まれたという事があったのに先生からは何の報告もなかったんですよ!しかもまだ痛いと言っているからその詳細を聞いたのに、たんたんと事実関係を書いてあるだけ。手の心配もしてくれないし(-_-;)

それから今日、体験入学した小学生の保護者の話ではある先生が発語が聞き取りづらい子どもの答えを「何言ってるかわかんねーよ」って言ってたそうです(+_+)

ほらほら、こっちへおいで~~

今の所なんだけどね、落ち着いてるよ。
給食は交流学級で食べてるし。
来年、他の先生が増えたらどうなるかわかんないけれど。

タウちゃんは知恵があるので、都合の悪い事は隠す、ウソもついてるかも知れない。でもそれはタウちゃんの良い所、持ってて良かった所だと思う。
障がい者だからってバカ正直に生きなきゃならないって事もないと思う。

始めからその場を見て無いので決めつけられないけれど、普通学級の生徒が「はがれちゃったー」って来たら、2枚目を渡すか断って、保護者のお出ましはいらなかったと思うよ。

ウソついて結果、職場で怒られる、お給料を減らされるって実感したら、そこでは正直になると思うけど。
それとも、そこでも我を張りそう?

いろいろ書いちゃったけど、PWS共通の問題点だったらご免ね。

太陽になればいいのに

もう、交流どころではありません(+_+)
ほんとにそっちに行きたいよ~
親はどっかに転校しようって本気で思ったんだけど、本人は友だちがいるから楽しいみたいで、絶対に転校しないって(T_T)

ウソをつく、ってよくPWSっ子の話では聞くのよ。
息子によ~く聞いたら「はがした、と言うと怒られると思った」そうです。
「ちょっとはじっこがはがれたから、はがした」というような場合も「はがれた」ではなくて「はがした」ってことなのだよ。
はがしても怒らないよ。って説明したらうなずいていました。
怒られると思うとウソついちゃうみたい。
それをなぜか、正直に言わせようとする。そうするとよけいにかたくなになるの。
かる~く、ふざけて聞けば本当のことを言ったりするのに、その人の聞き方が怖いんだと思うよ。ガンコな人は特にその傾向が強いみたい。
洋服を脱がせようと北風が必死になればなるほど洋服を脱がない旅人と北風みたい。
太陽になればいいのに。

マジョリカもこの間、朝のラッシュ時に通院の為今日もランドセルではなく手さげで行こうねと言うと
先生が”ランドセルでないとだめだ”と言ったと突然言い出したんですね。
 先生にはお願いしておくからね。とその時は手さげでいけたのですが、先生がそう言ったと主張も強くて手さげに切り替えるのが大変だったのですが。
 後で先生に確認すると”いいえ手さげでいいですよ。と話をしたと。
 となると、どこで手さげでOKからランドセルで来ましょうが入れ代わってしまったのかと、悩むところであります。
 過去に別件でそう言われたことがあるのか、友達が言われていたのを聞いていて自分にあてはめてしまったのか。
 結構そういう所がありますね。
そういtった状況がいつもではなく時々発症するところも特徴で誤解を招く点になるかな。
 そんなところも先生に話して理解をえておかないとね。周りもお母さん方にもね。
ああ~結構大変な特徴だね~。

マジョリカままさま

ある。ある。あります!
一度勘違いして思い込んでしまったら、勘違いの元になっている人が再度説明すれば、頭を切り替えできるんだけど、他の人がいくら説明しても絶対に無理、納得しない。
それが時々現れる症状、だからややこしいってほんとですね。
いつもなら、用心するけど時々だから、みんな油断してしまう。
その辺は説明するのが難しいよね。
よくわかっているように見えるし。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。