スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金の使い方

先日、介護人のおじさまからヤクルトファン感謝デーがある、とお誘いいただいたので、 二人で行ってもらいました。

お昼代+アルファでタウルスに2000円を持たせ、「お昼と飲み物代。全部使わないように」と話してありました。(自転車で行ったので、交通費はかからない。)

帰宅してみたら、ヤクルトファンクラブに入会申込して3500円、
お昼を食べに入ったラーメン屋さんでタウルスがおみやげ餃子を購入して600円をおじさまが立て替えた、というのです。
おじさまにいきさつを聞いてみると
「いいのかなぁ?おとうさんやおかあさんに怒られるんじゃないの?と言ったけど、本人がだいじょうぶ、と答えたので。」とおっしゃる。

おじさまには立て替えてもらったお金を払い、ヤクルトファンクラブには電話をして、返金してくださることになりましたが…

これをこのままにしてはいけないと思い、本人には
「お金を借りてはいけない。」
「申し込みやおみやげはお父さんかお母さんに聞いてからにすること。」
と言いました。

でもお友だちママさんから言葉で言うだけでは足りない、ソーシャルストーリーというものを作ってみたら、とアドバイスがありました。(後日UP予定)

よく知的障害のある人がいろんな申し込みをしてしまい、お金を払う羽目になる話を聞くので、これをきっかけに「お金の使い方&大切さ」などを教えたいと思いました。

困ったことが起きた時というのは彼の課題を教えてくれるきっかけになるんですね。
(実は自分にも耳が痛い。。。。反省することがたくさんありました。)

07110033.jpg
スポンサーサイト

Comment

うーーん。またまた難しい問題ですね。

本人も一生懸命に考えて…
ほめられるほどの”イイコト”と信じて、、、
応援するために入会したり
美味しかったからお土産品を購入しちゃったんですね、きっと。。
彼の優しさの表れだと思いますよ♪

”約束事”の大切さを新たに考えさせられました。
ひめ姉にもあてはまるので、参考にさせていただきますね!?

ホントに子育ては、新たな発見と忍耐と努力の繰り返しですね~☆

SARA姫ママさま

そうですね!
本人はイイことと信じているのでしょうね。ほんとにそこのところは受け止めてあげなくちゃね。
ソーシャルストーリーはそれを大事にするらしいのだけど、ついお説教モードになっちゃって、うまくできずに苦労しています。

子どもは鏡。まずは、自分のお金の使い方を反省しました^_^;

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。