スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての母子テント泊山行

ガスガス奥多摩駅


(写真の上にマウスを載せると説明があります。)

今回は、東京都で一番高い山、雲取山(2017m)です。
私は結婚前に山小屋泊で登ったことがありますが、タウルスははじめて。
タウルスは8.5㌔、ワタシ10㌔をしょって、はじめての母子二人のテント泊。

1日目:鴨沢9:45→奥多摩小屋14:30(テント泊)
2日目:奥多摩小屋5:00→雲取山山頂6:00→テント撤収9:30→七ツ石山→七ツ石小屋(ランチタイム)→鴨沢14:30


黄色のグラデーション


石尾根を歩く


残念ながら奥多摩小屋のテント場からは富士山も夕日も見ることできなかったけど、それでも最高に気持ちが良いテント泊になりました。 (3日と4日だったら、いいお天気で富士山もきれいに見えたらしい。こんな感じ→クリック
気持ちがよい石尾根

奥多摩小屋の水場は暗くなってからだと危なそうな箇所もあったので、日のあるうちに夕飯や片づけを済ませ、翌日分の水も確保。5時頃寝てしまいました。
唐松と案内板


石尾根は広い景色、広い道で本当に良い尾根。 途中の紅葉もキレイでした。
朝はマイナス2度でしたが厳冬期用のシュラフで服を着込んでいたので快適。
夜中に響きわたっていたのは鹿の鳴き声、発情期らしい。(七ツ石小屋で教えてもらった)
奥多摩小屋のテント場-2℃

夜明け前の雲取避難小屋

朝日があたる紅葉の山々

ようやく見えた富士山

(七ツ石小屋でおじさんと話している時にちょうど富士山が見えました。写真だとよ~~~く見ないとわかりませんね。)
どんどん降りる

紅葉

紅葉2


下山翌日、スポーツ店の無料筋力測定をしてみたら、タウルスの体脂肪が3.3%と出てしまいお店の人に「何か特別なことでもしてますか?」と聞かれてしまいました。医学的に測った数値とは違うと思うけど、3.3%ってビックリしました。すぐに成長ホルモン療法のせいだな、と思ったのでそう告白しました。なんだかドーピング違反みたい?

昔、日帰りハイキングをしていた頃は、テントの重装備で山を登るのは山岳部とか特別な人で、まさか、自分がそうなる日がくるなんて思わなかったし、タウルスもこんなに登れるようになるとは思いもしませんでした。 荷物をしょってもほぼコースタイムで歩けるようになりました。

お湯をわかしてあったか~いミルクティを飲む時、日が沈むとシュラフにもぐって眠る時、夜中に目を覚ましてテントから頭を出して見るたくさんの星、、、そんな時にシアワセを感じるテント泊。

こうしてますます、山にはまっていく私たち。。。。次はどこへ行こうかな?


***番外編****

・出発前に靴紐のしめすぎでいきなり豆を3つも手の指に作ってしまったタウルスでした。どうして、どんどんきつくするのかなぁ?この間の白馬でも足が痛くなったのに。

・奥多摩小屋、トイレは昔ながらの雰囲気。ペーパーなし。テント場から離れている。水場も遠くて暗いと危ない道。

・七ツ石小屋のおじさんは80歳で50年続けている。ガソリンを下からしょって登っていた。

・朝早く、山頂を目指している時、タウルスが不調になった。スキー用の手袋をしているのに手が冷たいと言い、動作が鈍くなり、あくびをはじめた!遭難者のような様子にあわてて雨具やダウンベストを着せたら、回復。本人は薄着でいいと言っても要注意。

・奥多摩ハイキングフリー切符はお買い得!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。