スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笠取山

夏休み最後の土曜日に行ってきました。
メンバーはオット、タウルス、ワタシ。

笠取山(標高1953m)は山梨県にあるけど東京都の水道水源林。
そして多摩川の源流の水干があるところ。

多摩川の近くで育ったオットがいつか行きたいと思っていたらしい。
(夏休みの自由研究に行くのにおススメかも。もう夏休み終わってしまうけど。)

そしてわたしにとってはデジカメ一眼レフカメラデビューの日。

朝4時に自宅を出発。
早く登りはじめて早く帰るはずだったんだけど、
高速を降りて登山口近くまで来てから、道がわからなくなってしまい、三叉路を行ったりきたりして1時間あまりのロスタイム。

問題の三叉路。

三叉路


笠取山という名前が出てこないので判断に迷ってしまい、ココを右に行ったり左に行ったりしてしまった。
正解は右の道。
左に行くととんでもない悪路だった。


ようやく駐車場に車を止めてトイレをすませて出発(7:30)
(駐車場の車は3台)

東京都が整備してとてもきれいな山道が続く。
DSC_00080004_20070828114456.jpg


川を30箇所ほどハシを渡りながら登る。

途中で「急登」というルートとの分かれ道。
「急登」の文字にビビリ、そうでないほうを選択する。
DSC_00070003.jpg

その後もきれいな道が続き「急登」ルートを選択すればよかったかな、と思えるほどで少し物足りないくらい。

笠取小屋到着。

その小屋の前は開けていて、テーブルとベンチがあって木々の間からは大菩薩峠が見える。
この小屋はほとんど使われていなくて、誰もいない。
(小屋に泊まりたい人は事前に連絡するらしい。テント泊まりや外の小屋には料金箱にお金を入れるようになっていた。)

大きなツワブキの花が群生。
(いよいよ一眼レフの出番です。予想以上によく撮れていました。)

DSC_00160010_20070828114509.jpg


年齢不詳の大きな網を持った男性がチョウの採集をしていて、いろいろ教えてくれる。
おかげでアサギマダラの写真が撮れました。
DSC_00220015.jpg


実はシカが他の花たちを全部食べてしまうので、この花しか残っていないらしい。
その後もツワブキだらけ。

DSC_00290018.jpg


シカよけのネットに守られた木がたくさん林立していました。

シカよけネット



「急登」ルートを登ってきたスニーカーを履いた家族連れが「大変でした~」と言っていたので、やっぱり「急登」ルートを選択しなくて良かったみたい。

そこでのんびりした後、頂上へ。

頂上へは今までとはうって変わって、いきなり急な登り。

急登



でも頂上の景色はほとんど360度見えて、すばらしい。
(この頂上は20人くらいしかいる場所がない。)

頂上1


お決まりの記念撮影を撮って、しばらく行くと展望のきかない場所にまた頂上の標識がある。
あれ~?どっちが本物かな?(たぶん、展望の利かないほうだと思う。)

頂上2


回り込んで下の道に降りて、多摩川のはじまりのポイントである水干というところをチェック。
水干


源流もしっかり見ました。あの大きな多摩川がこんな小さい川からはじまっているなんて、ちょっと感動物です。(タウルスが多摩川をまたいでいます。)
源流


13:00。
タウルスのザックを置いていた(登りは元気がなくなっていたから)笠取小屋に戻ってちょっと遅いランチタイム。(ラーメン)
午前中、チョウを採っていた男性はまだまだ同じ場所で網を振り回していました。この日は3種類のチョウを採取できたそうです。
他にはピッケルを持って石の採取(?)をしている方など、この山は不思議な人が多い気がしました。

ランチタイム


駐車場15:00着。
(駐車場の車は8台。空いていました。)

蝶採集の方と話したり、写真を撮ったりしてのんび~~りしてしまったので、予想よりもかなり時間が遅くなってしまいましたが、予定通り温泉に入って帰宅。
小菅の湯はお風呂の種類がたくさんあって休憩場所やマッサージルームもあって充実してたけど、ちょっと高速道路からは遠かったかな。

いい景色、いい空気、源流など楽しかったけど、どうして下山すると別な山に行きたくなるんだろう…



【覚書】

★作場平へは三叉路を一の瀬高原方面へ右折(重要)

★作場平(登山口)の駐車場
無料、トイレあり 30台ほど駐車可

★笠取小屋(無人、小屋の使用は事前に連絡が必要)
幕営可(料金箱あり)、トイレ、水場は2分降りたところ

★山頂の標識(?)は二ヶ所にあり
スポンサーサイト

Comment

やっぱり一眼レフって凄い!!もちろんうららさんの腕も凄い!!癒されましたぁ♪
うちは山より海なので(なぜか冬でも海行くf^_^;)こういう写真はありがたいです(^_^)vこれからも楽しみにしていますね。

いいですね~。
自分自身は,車通勤のせいもあり,足腰すっかり弱ってとんと山から遠ざかってしまっていますので,写真で雰囲気だけでも味わえて幸せです。

デジカメの一眼レフ,私も欲しいけど,今のところ手が出ません。
74才になる実家の父に先を越されてしまいました。

若い頃から写真が趣味だった実家の父の被写体は,もっぱら我が家のあんぱんまんです。

おかげであんぱんまんは,すっかりカメラ目線を覚えてしまいましたv-10

v-22坊主のママさま

こんな初心者の写真で癒されるなんて言ってくれてありがとう♪
またさらに意欲がわきます!

海もいいよね~
ほんとは息子も「山より海!」って言ってました^_^;
だけど両方は体もv-88もきついわ。

v-22あんぱんまんmamaさま

おとうさまの写真、見たいです!
きっとカワイイ写真がいっぱいなんでしょうね。
今度見せてくださいねv-238

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。