スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白馬岳3泊4日

今年の山の計画は白馬岳。
07080401.gif

(1人約10キロのザック!これまでは定着型のテン泊だったけど、今回初めてザックをせおって登ります。だいじょうぶかなぁ…とちょっと心配。)

4日

天気予報では雨だったので、急遽民宿泊に変更。
山小屋が1畳に2人という条件に対し、こちらは16畳に4人という贅沢さ

5日
白馬駅でアイゼンをレンタルし、民宿の車で猿倉(標高1230m)まで送ってもらう。
心配された天気だったけど今日は良さそう。

登山届けを出して猿倉荘前で決めのポーズをとるメンバー。

07080400.gif


あれ?

我が家は4人家族。

で私がシャッターを押しているのに4人写っている?


(実は家族の一員のように写っている右端の女性は他人)


猿倉7:30→白馬尻へ
白馬尻


はじめての大雪渓。
大雪渓


アイゼンをつけて出発するが、つけ方を間違えていることがわかって、やりなおし。

大雪渓の上は涼しいというよりも時には寒いくらい。
雪渓の上は上から音もなく岩が落ちてきて危ないらしいし、時折パラパラと落石の音が聞こえるのでちょっとした緊張感。

ベニガラという赤い粉で印をつけらている安全なルートを通って一歩一歩登っていく。

アイゼンは足の裏全体で踏むようにすれば滑らないので私は快適に登れたけど、タウルスにはその登り方が難しく、つま先が何度かスリップしそうになって疲れたようす。
(レンタルのアイゼンは4本爪だからのようで、もっと爪が多いものならだいじょうぶらしい。)

でもなんとか全員で大雪渓を登り終える。
登り終わる



07080404.gif


07080415.gif

(紫の花は白馬と八ヶ岳と北海道にしかないというウルップ草)
花


素晴らしい景観とお花たちを見ながら、今夜のテント場(頂上宿舎。標高2730m)に到着。15:30

テントサイトにコロッケとメンチの販売が来て、ビックリ
1個100円と下界と同じ値段!
どうやら山小屋であまった分らしいけど、大感激!
この時は強風でタウルスはコロッケ代を払おうとして1000円札を飛ばしてしまった(T_T)
でも1万円札じゃなくて良かった

07080406.gif


6日
まだ暗い中、周りのテントの人たちが出発の用意をしていたけど、うちはのんびり出発。7:30
(タウルスと私は日の出を見に。)
日の出


(うちで一番の担ぎ手に成長した?タウルス兄。)
07080408.gif

(地図を確認して。うしろに剣岳と歩いてきた道が見える。)
07080410.gif

ついに頂上到着!(標高2932.2m)
07080412.gif


これから歩く小蓮華山(標高2769m)を経由して白馬大池までの道が見渡せる。
07080411.gif


(お花畑。)
こんな感じでいろいろな種類の花畑がたくさん!
ついつい写真を撮りすぎて遅れ気味になるので、子どもたちに撮影禁止されてしまった(T_T)
07080413.gif


あと少しで白馬大池というところでタウルスが突然「足が疲れた。歩けない。」と言い出したので白馬大池(標高2380m)でテントをはることにする。

タウルス兄と私が一度大池まで行って、ザックをおいて空身で迎えに行ってみたら…
なんと!
オットに荷物を持たせたタウルスが走って降りてきたのだ。

結局、足の痛みは靴の紐を締めすぎていただけだった(>_<)
12:00着。

5時頃雷雨と夕立があったけど白馬大池は静かで空がたくさん見えていい所。ゆっくりのんびりできて星もたくさん見えました。
07080414.gif


※(うちわ話)
なぜかココのトイレの前にストックの忘れ物。トイレには鍵がかかって開かないドアが一つ…
タウルスは「トイレの中でストックの持ち主が死んでいる」との意見。(サスペンスの見すぎだよ~)


7日
前夜の打ち合わせどおり、4時起床、6時に出発。
きれいな白馬大池をまわりこみ、大きな岩の道を歩く。

これから登る人たちとすれ違いながら栂池自然園駅(標高1850m)へ到着。
(ここで食べたソフトクリームは最高においしかった~)
ロープウェイとゴンドラに乗って栂池高原へ。(標高856.9m)

ファミレスで食事をして温泉へ入り、
「今度は槍か燕?」などと話しながら東京へ帰る。

この日のために早起きしてランニングやウォーキング、ヨガやビリーで鍛えていた私でしたが、そのかいがあり、なんとかOKでした。
仙丈ケ岳、奥穂高八ヶ岳縦走、白馬岳とこれで4つの大きな山に登ったことになるのですが、まだまだ行くぞ~♪


※タウルスは今でこそ私と同じくらいのスピードや距離を(かそれ以上)歩けますが、小さい頃はなかなか歩きたがらなくて、小学校の低学年まではすこ~~しずつ、だましだまし距離を伸ばしました。
タウルスも私たちもよくここまで頑張りました。
スポンサーサイト

Comment

ステキデスねぇ。
大自然の写真を見るだけでも,心が洗われるようです。
ご家族そろってと言うのがまたステキ。

私は近くの低い山も,もう10年くらい登っていません。運動不足ですっかり足腰も弱っているし・・・。

あんぱんまんがもう少し歩けるようになったら,高尾山あたりから始めてみようかな。

あんぱんまんmamaさま

ほんと、自然の景色は心が洗われます!
ちょっとは私の心もきれいになったかな?

思えば、タウルスは最初の頃はなかなか歩けなくて、大変だったなぁ…

ここまで良く登れるようになったもんだとビックリです。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。