スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自立への道?

今日の、育児心理。
タウルスも先生に「百人一首ノートを見せる!」とはりきって行くことができました。
(やれやれ~~~ 喜んで行ってくれるのが何より。)


まず、タウルスと話して様子を見た先生からは最近の心配事を払拭するような説明があり、ホッとしました。
そこで、今回のアドバイス。


・送迎解禁になって一人で登校させる時に2つくらい「きまり」の確認をしてみる。

・一人前に扱われるようなことや彼が活躍できるような地域の仕事的なことをする。


確かに、地域の年上の友だちと遊んだ時や大人から頼りにされた時はとってもイキイキしているなぁ…と思う。
学校の日記にも私と遊びに行った話は全然書かないのに、そういうことはちゃんと書いているし

親離れ、自立へ向かっている息子。
いかに子離れするか、手を出さずに見守れるかが課題かな?


リスパダールの影響をみるための採血・採尿検査結果は特に問題なし。今回から0.04mに増やしてみました。(+0.01m)
スポンサーサイト

Comment

感動~です!

育児心理のお話、毎回、興味深く読ませてもらっています。心配事を払拭するような説明、私もホッとする思いがしました。よかったですね~。障害があってもなくても、みな自立への道をそれぞれのペースで歩んでいるんですね! なんだか感動です~(うれしい&さびしい涙)。

今のうち

みぃさま、こんばんは。

今の先生には何を話してもいいっていう安心感があります。

だから息子も気に入っているみたいだし…

特に難しい年齢になってきたから、こういうのってすっごく大事だなって思いました。

自立への道はホントはうれしいことなんだろうけど、正直今はさびし~~~です。
みぃさん、今のうちですょん♪

コメントありがとう☆

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。