スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百人一首

タウルスの中学(特別支援学級)授業は22人全員が一緒のもの(音楽や体育)と、1年生と2・3年生の二つのグループに分かれるもの(美術、音楽)と4つのグループに分かれるもの(数学、国語、英語、工芸or百人一首)があります。

百人一首は句を覚えてゲームをするのですが、覚えるために、手本をノートに書き写します。

秋の田の かりほの庵の 苫を粗み
        わが衣手は 露にぬれつつ

(これにふりがなもつけます。)

むずかしい漢字もあり、「ほ」を「お」、「ふ」を「う」、「てふ」を「ちょう」と読むなど、まだまだそれでなくてもひらがなさえ間違える(読むのはOKだけど、スラスラ書けない)ことがあるのに、ちょっとハードルが高そう。でもゲームに勝ちたいためか、書き写す作業が性格にあっているのかわかりませんが、毎日写経のように姿勢を正して書いています。

手本としていただいたプリントの字は小さくて(11ポイントくらい)漢字の形がよく見えなかったので、パソコンで18ポイントくらいにして見やすいように字体もいろいろ比べてみたりして、お手製のプリントを作ってみたりしたけど、結局市販の小学生向けの「百人一首辞典」というのを購入しました。
マンガで句の意味も書いてあるのでよりわかりやすくなっていて、私もこれを機にタウルスと一緒に覚えようかな?

タウルスが8日からはじめた百人一首の書写。
昨日100首達成しました!!
これを何度も繰り返しているうちに字が小さくきれいに書けるようになり、句も覚えてしまう、ということらしいです。
スポンサーサイト

Comment

百人一首は古典の基本です。

ゆみも百人一首はお気に入りで、カセットつきの物を買って、絵札を見ながら繰り返し繰り返しカセットを聞いていました。書く練習と音声を併用するともっと楽しいかもね。

タウ君、中学にも随分なれてきたようですね。
40年くらい昔ですが、善福寺にある女子大の学寮にいて、荻窪の神明中で教育実習をしました。
都立のN高にいくための越境者がクラスに何人もいて、とてもやりにくいし、担当教官の無気力さにあきれて、免許をとっただけでした。もし、特別支援教室があったら、案外ハマッタかもね。

ゆみママです。

そそっかしくてごめんなさい。いくつになってもなおりません。

ゆみままさま

>特別支援教室があったら、案外ハマッタかもね。
きっと、ゆみままさんはいろいろ工夫されてゆみさんと一緒に楽しくいろいろ勉強していたのですね。
息子も私が一緒にやるととっても嬉しいようで、一段と張り切っているような気がします。
最初は4枚しかとれなかったのが2回目は14枚、3回目は26枚で、最初の3文字を聞いただけで取れた♪と嬉しそうです。
音のある教材は良さそうですね。本屋さんにあるのかしら?探してみます!
勉強はなかなか進まないので、力を入れていませんでしたが、本人が楽しそうなので、もうちょっと私も力を入れてみます。また何かアドバイスがありましたら、よろしくお願いいたします。

善福寺、荻窪、神明中、都立N校(NとFの32群ですね。)…
40年前、すごく近くにいらっしゃったのだと思うと不思議な気がします。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。