スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物博士ってホントかも!?

タウルスは犬の散歩仲間のおじさまたちから「動物博士」と呼ばれているらしい。タウルスは犬の気持ちがよくわかるというのだ。
確かに動物(生き物全般)がダイスキだし、うちの猫にもお手とおかわりを教えたし…
でも、今日はさらにビックリしたことがあった

この頃、飼っている猫がちょっと発情期気味でトイレ以外のところでしてしまうことがあった。
そこで、タウルスが猫に(トイレではないところをさして)「ココはダメ」(トイレをさして)「こっちでしなさい!」と指導していたその時、(私たちの見ている目の前で)ちゃんとトイレでしたのです!?
うちの猫が頭がいいのか、タウルスがすごいのか
バカ、親ばかですみません。)

昨日もらってきたカブトムシの幼虫にもいろいろやさしく話しかけ最後は「オヤスミ絵文字名を入力してください」なんて言っていました。
スポンサーサイト

Comment

古代、人間は、すべての動物と話ができました。
しかし、次第に人間は、驕り高ぶり、他の動物を下に見る様になった時、動物の声が聞こえなくなりました。
な~んて物語もできそうですね。
宇宙船地球号としては、「みんな仲間」がいいんですけどね。

でも、動物たちは、言葉の通じない分、ジェスチャーで何かを伝えていると思うのですが。
だから、その目線に立つとわかるのかもしれませんね。

ドリトル先生、あるいはMr.ドゥー・リトル、かな?

Postさま
息子はよく「動物も人間と同じだよ!」って言います。息子は動物を下には見ていないのでしょうね。だから気持ちがわかるし動物にも息子の言っていることが通じる…
そうそう、「タウルス先生」って呼ばれているらしいです。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。