スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実習に向けて(個人面談にて)

もうすぐ、実習が始まります。

個人面談時に実習先に生徒のことを書いたものをお渡しするそうで、その内容について先生が作ってくださったものを親子で確認してください。と渡されました。

企業の方が見て「あれこれ面倒そう」と思われないように、主にいい面をアピールした形になっていて、ちょっと注意が必要なことについては口頭で言うという戦略(?)だそうです。

そこで、先生からの提案があったのですが、「PWSだということは書かずに軽度知的障害にとどめておいては」とのこと。
理由はPWSといっても普通はみなさん知らないので、中にはインターネットで検索などする人もいるかもしれない。その場合、ビックリするような内容が多くてひいてしまう恐れや、必要以上に構えてしまうかもしれない、ということでした。

なるほど…

でさらに先生は「タウルス君の場合、あてはまらないでしょ?」と。

(う…ん、あてはあることも多いんだけど…)

と思ったのですが、先生は
「生活上のほとんどはとてもいい子で仕事もできる。たま~~~~にあるパニック(トラブル)だけなのに、逆に思われてしまうのではないかと思います。」

そうですね。
なるほど、たま~~~~~にだけど言っておかないといけないかと思ってたけど、それでいいんですね。

あとは就業先としては障害のある仲間のいるところではなく、一般の人たちの中に入って仕事をするような場所がいいのではないか、とおっしゃってました。
私もそれについても同じ意見。
同じように傷害を持ったお子さんたちの中だと(特に軽度のお子さんたち)、何かとトラブルになりやすい。
たぶん、タウルスが他の子に負けたくないという意識も働くからみたいです。

だけど、普通の大人の言う事ならとても素直に聞けるし、期待にこたえようとするから。

学校でも掃除や職業の時間、とてもよく仕事をしているそうです。
彼のやる気をうまく育ててくれている今の先生と、学校に感謝です。
仕事もやる気満々なので、それを活かせる所へいけると良いと願っています。

スポンサーサイト

修学旅行

少し前に行ってきました。
涼しくなった今日この頃、北海道はみぞれも降ったらしいです。
羽田空港から飛行機に乗り3泊4日(8万円+おこずかい8千円)の旅。(うらやまし~)

事前に羽田空港集合の練習目的の社会科見学もありました。
羽田は自宅から2回乗り換え、1時間ちょっとだけど、普段使わないルートなので付き添いあり。
社会科見学のために自宅で下見も実施したので合計3回羽田へ。
(私の都合が悪かったので1回目は夫と、2回目と当日は知人の方にお願いしました。)
いつも「ぎりぎりでいい」と言って早めの行動をしないのですが、2回目に電車の遅延で集合時刻に遅れたのが幸いし
本番は自ら早めの時間設定、無事に出発できました。

北海道ではバターを作ったり、乳搾り、ジャガイモ堀りなど楽しんできたようです。
作ったバターでトーストを食べて、ジャガイモでポテトスープを作ってくれました。

修学旅行の前後はピリピリしていたのか、ちょっとしたことですぐにカッとなるのでちょっと心配しましたが、これで少し落ち着いてくれるかな。
仲間とのかかわりが楽しかったのか、以前にもまして何人かの仲間との朝の待ち合わせに張り切って出かけています。
幹事の仕事とクラスのお子さんの世話など担任の先生の片腕とさせてもらったようです。
頼りにされると期待にこたえようと頑張るから、その姿が目に浮かびます。
(ダメって言われるとよりダメになり、助かるよって言われると助けようとする。金子みすずさんの詩みたい?)

最近、ちょっと食欲増加(秋だから?)
夏休みで増加し、さらに修学旅行後に増加し、現在163センチ、54キロ。体型もちょっとやば…
盗み食いはないのだけど、みんなの分も一緒に入れてあると8割食べちゃったり、さっさとおかわりしてたりします。
体重増加を指摘したら「太ってるって言った~」「山に登ってるからだいじょうぶ」と言ってちゃんと認めないんです^_^;
でも、昨日糖尿病のことをやっていたテレビ番組で「手足を切断」「失明」って見た後、あせったらしく腹筋をやってました\(^o^)/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。