スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体育祭とクラスの仲間

やっとなんとか怪我が治って出られた体育祭。
ずっと怪我のために練習できなかったから、リレーの選手に選ばれず、そのためにリレーの選手になった人の批判をしたりしていたらしい
でも同じクラスの仲間のために麦茶を作って入れて待っていたりして、そういうことを担任の先生は連絡ノートに書いてくれていました。
私は体育祭の時にはじめて今年度のクラスの仲間を確認したのだけど、予想以上に重いお子さんばかりで少々ビックリ。
だけど、言葉のないようなお子さんには本当にやさしくて自分のお弁当をわけてあげたりしてるらしい。
100m走ではまさかの転倒でみんなより遅れてゴール。
でもゴール後に笑顔だったからホッとしました。
(家に帰ってからは両側の子たちに挟まれてしまって転ばされたと文句言ってたけど、その場で文句を言わなかったのは成長だよね。)
組体操も以前だったら一番上だったのに、なれなかったのが悔しかったみたいだけど、ちゃんとがんばって参加できていました。
(というふうに今度の担任の先生はたくさんいいところを見つけて書いてくれます。)

ところで、他のママと話してたらわかったのだけど、昨年もめた先生はそのママもいろいろ不満を持っていて昨年はかなり意見したらしい。そして今年もその先生にあきれて怒っている保護者もいるという話。
なぁーんだ、やっぱり、そうだよね。
でも、その先生とうまがあうお子さんや保護者もいるし、そのせいなのかよくわからないけど副主任になっている。

保護者同士も連携できればもう少しうまくそういう先生への苦情が言えるのになぁ…
スポンサーサイト

料理熱と体重計

うちでは息子の障害がわかってから揚げ物は作らないことにしてたから揚げもの食べたかったんだろうなあ…
酢豚の後立て続けに作った息子料理はコロッケ、春巻き、ポテトスープ、シーフードチャウダー。

中でもコロッケは最高においしかったので、つい食べ過ぎました。

24990091_1144252577_139large.jpg

24990091_1143570043_28large.jpg

24990091_1142524310_108large.jpg

食べ過ぎ、といえば、体重管理に必要な体重計。

最近調子が悪かったので買い替えしたのだけど、乗るだけでスイッチが入って家族4人を誰だか見分けてくれて、測定した値(体重、体脂肪、内臓脂肪、骨量、筋肉量、BMI、体内年齢)をSDカードに記録してくれて、PCにグラフ表示してくれるという優れ物。

すごい進化したものだと感動です。

最近計ってなかったし、この料理だからちょっと心配だったけど、タウルスも48キロ、体脂肪8.8%で問題なしでした。
ちなみに私も体内年齢38歳でちょっと(いや、かなり)嬉しい~

今までもタウルスは自分で体重を計って注意してたけど、バーを握らないと測定できない体脂肪は計ってなかったんです。でも、これだと乗るだけだから、簡単だからちょくちょく計れそうです。

GW、母の日

犬にかまれた怪我は順調に治っているのだけど、場所が場所だけに(足の親指)スポーツができないのでGWは特に出かけず。
ベットを買って、そのために部屋をキレイにしたり、犬の散歩、野球観戦などをして過ごしました。
昨日は最終日。
学校のクラスメートが自分で夕食を作って食べているという話に触発されたようで「酢豚を作る!」とがんばりました。
パソコンでレシピを出して、(漢字が読めない、文章が理解できない)ので私がそれを解説したけど、野菜の切り方や揚げ方などは全部自分で考えてやりました。

2時間半もかかったけど、見かけも味もかなり上手にできて感激
110508_2030~01

私は作らないのに野菜の切り方とかうまくできているのは、ちゃんと外食した時に見たからだって。
(やっぱり目で見た事は得意なんだよね。)

私のほうは息子が山へ行けないので、友達と近くの山々へ。
RIMG0304(2).jpg
RIMG01672.jpg
RIMG01802.jpg
RIMG01852_20110509101222.jpg
RIMG01932.jpg
RIMG00222.jpg
1309273_1111587583_111large.jpg


GWは新緑や花がとってもキレイで元気になれますね。


あとは畑で野菜を作っている友達の影響でいくつか私も植えてみました。
ゴーヤ(日よけカーテンにするつもり)、トマトを植えつけ、お友達からはシソ、レタスをいただきました~
毎日、成長ぶりを見るのが楽しみな今日この頃です。
DSC_2017.jpg

新学期から

新学期がはじまってから約1カ月。
高等部2年になった息子は足を怪我したものの(犬にかまれた)元気に過ごしています。

1年生の終わりに希望を聞かれたクラス分けは職業と生活のクラスになり、同じクラスのメンバーはあまりコミュニケーションのない大人しいお子さんたちなので、はじめは「おもしろくない。」と不満をもらしていましたが、今はリーダーとしていろいろがんばって、他の子たちへやさしくしているようです。

仲良くしていたお友達はみんな職業クラスになりました。
つまり本人が楽しく交流できる(したい)お友達とは能力的には差があるってことなんですよね。

それと一番重要な担任の先生。
お二人とも私にとってははじめてかかわる先生たちでしたが、すばらしいです。
昨年、先生とのトラブルを考慮してくださったのでしょう。
連絡ノートには毎日ほめる内容が書かれています。
家庭訪問の時に聞いたんだけど実際にはトラブルがあったりして息子が叱られたこともあったようですが、そういうマイナスなことはさらりとおしまいにしているようです。

思い返してみると前年度は、先生からトラブルの事ばかり書かれているうちに本人も私も自信をなくしていったように感じました。そうするとますますトラブルばかり。悪循環。

いろいろな細かい決まりごとも昨年とは違ってゆるやか。
安心して過ごせそうな気がしてホッとしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。