スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母音「い」の発音

先日、行われた言語検査。
親は希望すれば同席することも可能でそれは自由。
タウルスは同席を希望し、一緒に入室しました。

担当の先生はいつも同じ方なんですが、私がスリッパを履いていないことにすぐに気がついて「だいじょうぶですか?」と心配してくださっていました。
さすがにすごい注意力です。
(ちなみにその前の待ち時間に話していた先生はぜんぜん気がつきませんでした。)

たった10分程度の中で、テキパキと質問。
子どもの様子を鋭く観察される先生です。

今回は最初に学校生活のことを主に質問。
先生「合同文化発表会では何をやったの?」
タ「星になった少年です。」

先生「それはどこの国の話?」

タ「日本。あとアジアも。」(へぇ~~~)

先生「アジアはどこですか?」

タ「タイです。」(へぇ~~~~~~~~)

(アジアとかタイとかちゃんと知ってるんだ!?)


その後、発音チェックがあり、先生はタウルスの発音がはっきりしない原因を見つけてくれました。

それは母音「い」

「ちゅうい」とか「ちゃんす」とか「しゃべる」とかの最初の「ち」「し」の母音「い」が弱いそうです。
それを
「ちゅうい」「ちゃんす」「しゃべる」のように「い」を意識して発音させると、はっきりしたのです。

日本ではこの発音を細かく教えないから気がつかないとのこと。

そして、今回このことがわかったのはほかの子音がはっきりしてきたから、だそうです。

最後に、タウルスに向かって「とてもすっきりとして落ち着いた様子。担任の先生も転校当初より成長したとおっしゃっていた。学校生活の中で不得意なことも勉強したおかげでとても伸びています。」「高校に行ってもその調子でがんばってください。」「今までのことはいいんです。今とこれからが大事なんだからね。」と話してくださいました。

息子の成長もうれしいですが、今後に向けてはげましていただいたこと、本当にありがたく感謝で涙が出そうでした。



スポンサーサイト

10キロに初参加しました!

東京シティマラソンRUN&WALK 10キロの部 にタウルスと参加してみました。

場所は皇居。
1週約5キロなので2週です。

他にはフル、ハーフ、ウォークのレースがあり、スタート時間はそれぞれ違う設定。
タウルスと私が走る10キロは出走が13時なので、朝からなんだか暇をもてあまし、ストレッチをしたりしながらなんだか落ち着かない。

他のレースも見たいし、はじめてなので受付開始時間11時頃スタート地点へ到着。

他の人の走りやウェアも興味深い。
皇居のまわりはてっきり、マラソン大会貸切かと思ってましたが、この大会以外にもレースが開催されていたり、一般のランナーもいっぱいでした。
すごく早い集団もいてみんなすごくカッコイイ

受付を済ませ、パンやバナナ・ゼリー飲料などの昼食を摂り、トイレに行って、ストレッチとウォーキング。
それでも、まだまだ時間が余る。

そんなこんなで、ようやくスタート時間になり、
091108東京シティマラソン01


ゆっくり走ろうと思っていたのについつい力が入り、ペースが早くなり、ふと気がついたら、タウルスが後ろのほうに…

はじめての給水ポイントでは、しっかり2回、コップに入ったスポーツドリンクを飲んでみました。
でも、紙コップ、走りながらでは飲みにくいです。
いっぱいこぼして、飲めたのはわずか。

1週目はなんとか30分くらいで走れたので、よくばってゴールは1時間を切ろうと思いながら走りました。

下り坂では重力に任せてどんどん前に足をすすめタイムをかせぎ、ゴール目前。

結局タウルスとは終始、同じようなペースで途中、追いつかれたり、追い抜いたりを繰り返し…

ゴール前には後ろにいたはずのタウルスが急に現れて、前方に去って行ったので、あわてて後を追おうと思いましたが、足が思うように動かず、最後まで追いつけませんでした。

091108東京シティマラソン02

タイムは手元の時計のストップを押すのを忘れていたので、はっきりしないのだけど58分~59分くらい。 (追記:タウルス58分53秒、うらら59分07秒)

はじめてのマラソン大会、楽しく参加できました~

******

6日(金)は学校のマラソン大会、今年は前半ペースを落として走ったので、後半で何人も抜かし、5キロ24分15秒。3年男子5クラス中48位という好成績でした。

テーマ : 障害児と生きる毎日。 - ジャンル : 育児

親子クッキング

ある夜、PWSママが集まって話した時に、何か子供たちに教えてもらいたいね。という話が出ました。
そして、以前通っていた中学校の家庭科の先生(現在はその中学では教えていませんが)にぜひ教えてもらいたい、ということになり、親子クッキングを開催することになったんです。

その先生は子どもたちもママたちもみんな大好き。
やさしい口調で丁寧に教えてくれるからなんです。

ピザ作り前日、「先生に久しぶりに会える~」とタウルスは喜んでいました。

当日は、以前作ったことがあるので助手気取りになって、ひとりで前で作っていました。

091103クッキング36
会場として貸してくださった中学校の生徒さんたち4人と近所の主婦2名のボランティアさんが協力してくださり、ピザのほかにミネストローネ風スープとサラダもできて、豪華なランチ。

091103クッキング37

091103クッキング38

もちろん、先生はちょっといたずらしちゃう子がいても「いいよ~」とやさし~~く教えてくれ
時間の経過がわかりやすいように配慮されたタイマーを使ったり、絵や写真を使った説明で、子どもたちもとてもわかりやすかったと思います。

次回はチョコケーキの予定。
今から楽しみです~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。