スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調子悪っ

仕事が急に休みになったので、家中のエアコン掃除をしてから区役所に書類を届けに行った。
(ここまでは順調だ、と思っていた。)

ところが…
区役所に着いてから書類を忘れたことに気がついた

あっ!そういえば、今週は公開授業週間だったんだ。
見に行けばよかった

自宅に戻ってから、生ごみを一つ出し忘れてたことに気がついた
スポンサーサイト

注意の仕方

息子は張り切って学校に通っていて、病院通いやかきむしりもなく落ち着いています。
でも、最近、ちょっと気になることがあります。

今年から来た介助の男性△先生のこと。
息子の話なので、詳しいことや本当のことはわかりませんが、

(少し前、本人談1)

「授業中に△先生が(みんなが立っているのに座っていたら)『立っていなさい。立っていられないなら(7月にある)移動教室には行けないよ。』と言われた。同じ学級の○○君も座っていたのに、僕だけ注意された。もう移動教室は行きたくない。」

でも、翌朝、そのことを連絡帳に書くかどうか確認したら、移動教室には行く、書かなくていいと言ったので、昨日は疲れてたのかな?くらいに思っていました。


(そして昨日、本人談2)

連絡ノートに『理科の授業中にしかられて泣いたようだけど、理由はわかりません。』と書いてあったので、聞いてみました。

「また△先生から授業中いねむりをしたら『いねむりしているのだったら、家に帰りなさい。』と言われた。むかつく。」
(PWSはいねむりが多く、集中力の問題だけでなく、睡眠障害(?)や体力のなさなどとも関係しているようなので、多めにみてほしいと担任には頼んである。)

こんなことぐらいで、いちいち怒ってほしくない、とは思うものの、今はこういうことで学校生活を快適に送れなくなるほうが困る。
それに移動教室に行けないとか家に帰れ、というのは少し△先生も言い過ぎじゃないかな?と思う。
(けど、タウルスの前ではそういうことを思っていることは言いません。図に乗るからね。)

今日は、ちょうど保護者会なので担任の先生に相談して違った注意の仕方をしてほしいと話そうと思っています。
でも、たとえば、どういう言い方をしてほしいのかを伝えたほうがいいと思うだけど、よくわからない…

苗場山

花が多いと聞いていた憧れだった苗場山(2145m)に行くことができました。

和田小屋へ行く道は宿泊者しか車で通れないので、下の駐車場からピストン。

和田小屋下の駐車場8:00→和田小屋8:20→下ノ芝9:40→中ノ芝10:;30→上ノ芝10:50→山頂12:31(休憩1H)→神楽ヶ峰15:03→下ノ芝16:15→駐車場17:40

090627苗場山4

090627苗場山5

下ノ芝から上がるにつれて景色が広がり、花もどんどん増え、やっぱりいい山だ~
090627苗場山2

090627苗場山9

090627苗場山12

と思っていたけれど、神楽ヶ峰から一度下って登り返しがきつかった~

090627苗場山16

090627苗場山17

090627苗場山19

090627苗場山20

090627苗場山22

090627苗場山29

090627苗場山30

090627苗場山31

090627苗場山33

090627苗場山34

090627苗場山72

090627苗場山38
(黒百合とウラジロヨウラクを見ることができて感激!ウラジロヨウラクかわいい花でした。)

でもきつい上りの最後のほうで唐突に景色が変わり、山頂近辺はたくさんの地糖があってまるで天上の楽園のよう
090627苗場山37

090627苗場山39

090627苗場山41

090627苗場山44

090627苗場山45

090627苗場山48

090627苗場山49

090627苗場山50

090627苗場山51

090627苗場山54

090627苗場山60

私たちもタウルスもかなり疲れていたけど、がんばることができました。
これで来月行く予定の白峰三山もなんとかなりそう(?)
久しぶりのテント泊なので、ちょっと不安ですが…

090627苗場山73

090627苗場山74

090627苗場山77

※この季節は暑さと湿気で虫が多く、他の人たちはタオルで顔を覆ったり、顔の前を手で扇ぎながら歩いていましたよ。虫除けの網をかぶり、長袖が大正解。虫対策は必須です。

090627苗場山78
(強盗と間違えられる?)

※山での行動食も激減しましたよ。

ツツジ咲く武尊山(ほたかやま)

100名山のひとつ、武尊山(2158m)
いくつかあるルートのうち一番楽、初心者でもOKと書いてあったほだか牧場からリフトを使うルートを選択。ちょうどツツジが見頃でした。
(だけど、標高差は600mくらいなのに、距離が長く、ぬかるみや残雪、大きな倒木が多く、滑りやすい岩場もあって、結構疲れました。)

朝の関越道は霧で前の車が見えないくらいだったけど、高速を下りる頃は霧も晴れ、6:40予定より早くほだか牧場駐車場着。
ほだか牧場からのリフトは8:30からなのであきらめて7:20頃から歩き始めた。
しばらく歩いていたら牧場の車が下りてきて、「リフト往復代金を支払って下りはリフトを使うなら」という条件で車で上の登山口までおくってくれるという。
もともと私たちには少しきついそうなコースだったので二つ返事で載せてもらって7:40に三合平着。

東俣駐車場分岐7:40→田代湿原分岐8:14→武尊避難小屋8:41→前武尊分岐10:33→山頂11:05(25分休憩)→武尊避難小屋13:30→東俣駐車場分岐14:30

見かけはかわいい(けど…トイレもないし、泊まりたくない雰囲気)三角の避難小屋。
090620武尊山避難小屋1

武尊山の解説にもぬかるみのことは書いてあったけど予想以上にすごくて(うまく歩けば、そんなにひどくないのかもしれないけど)私たちはドロドロ。
090620武尊山1_1

090620武尊山15
(下山後の写真)

長靴で歩いている人も見かけました。
標高1800m付近から現れる残雪のせいでしょうか。帰りには雪解けの水が川のように流れていました。

山頂前後の道は縦走しているような気分になるほど雄大な感じですばらしい。

何度か残雪の上を歩きます。
090620武尊山3

三つの山の標識。
(今、私とタウルスは同じくらいの身長。私は背伸びしている。)
090620武尊山(花)7

山頂から剣ヶ峰への稜線。
090620武尊山6
山頂から中ノ岳。
090620武尊山7
中ノ岳から前武尊岳方面への稜線。
090620武尊山8

この日はあまり展望はなかったけど
谷川方面
090620武尊山9

セビオス岳から(昨年登った日光白根山や男体山が見えているようだけどよくわかりません^_^;)
090620武尊山10

明るいブナの森を抜けると牧場。
090620武尊山ブナ1

ほだか牧場のつつじと白樺もきれいだったし、花豆ジェラードもおいしかったですね。
090620武尊山11


一緒に行った友達親子は湿原めぐり。あまり花は咲いていなかったみたいだけど、フキを採集できたようで、今日は美味しく煮たフキ料理をいただきました。ごちそうさまでした~

(花の写真をまとめて。今回はシラネアオイが撮れました!)

リフト周辺のルピナス
090620武尊山(花)1
花の終わった水芭蕉
090620武尊山(花)2
シラネアオイ
090620武尊山(花)4
岩場に咲く白いイワカガミ
090620武尊山(花)5
ショウジョウバカマ
090620武尊山(花)8

ミツバオウレン
090620武尊山(花)9

090620武尊山(花)11

090620武尊山(花)12

イワナシ
090620武尊山イワナシ1

オオカメノキ
090620武尊山オオカメノキ

090620武尊山(花)16

レンゲツツジ
090620武尊山(花)17

ベニバナイチヤクソウ
090620武尊山ベニバナイチヤクソウ

平標山(たいらっぴょう)

おととしの秋、タウルスと二人で登った山です。その時の記録はこちら
その時に「花の時期もいいよ~」と教わったので、行ってみました。
本当は前回行かなかった仙の倉山まで足を伸ばそうと思っていました。
この日は天気が不安定で午後は雷や雷雨、という予報。
でも、夕方以降のようだったので、行ったのですが…

元橋駐車場7:15出発

今回は松手山ルートからのぼります。
鉄塔までは急な登りが続きます。

鉄塔からは平らな山頂が目立つ苗場山がよく見えました。
090613平標(景色)2

そして、松手山到着。
その時、苗場山の上のほうに黒い雲があると思っていたら、出発してすぐに、雨が降りはじめました。
ストックを離し、ザックをおろして、雨具を着ようとかがんでいたら…いなびかりと雷鳴。
(後から思えばこの時、ストックを持って歩いていなくて良かったのでした。)

そして、かみなりはもう一回、少し遠くのほうで鳴りました。
雷が怖いので引き返そうとしていたら、下から登ってきたベテランそうなおじさまが「もう雨があがるよ。3時までに下山すればだいじょうぶだよ。」とおっしゃったので、また歩き始めました。

松手山からは笹の多い稜線ですが、少し行くと道の脇で倒れている人がいたんです。
駐車場で見かけたパーティの人で私たちよりちょっと早く出発したのでした。

さっきの落雷を受けたとここと。
意識はもどったものの服は裂けて、どこかにやけどをされているのかとても苦しそうです。
救助のヘリを要請したのだけど、ガスのためになかなか飛べずに、待っている、とのこと。

私たちは持っていた飲み物の中の氷を袋に入れてあげ、先へ進みました。

090613平標(景色)3
090613平標(景色)4
ふりかえるとまだ、ヘリが来るのを待っている人たちが見えていました。
090613平標(景色)5

山頂へ続く道。いい感じです。
090613平標(景色)6

山頂11:05到着。
行くはずだった仙ノ倉への道。
090613平標(景色)8

谷川岳も見えていました。
090613平標(景色)7

ちょうど山頂でまた雨がふりだしてきて、トイレに行きたくなったし、夕方の雷が怖いし、とっとと下山することにし山の家に急ぎました。
霧の中に山の家が見えてきてホッとしました。
090613平標(景色)9


山の家なら中で休憩できる、と思っていたら、ちょうど雨があがったので外のベンチでランチタイム。
090613平標(景色)10
秋に見た時もいいなぁ、と思った平標山から仙ノ倉山へのゆるやかな稜線の下には雪が残っていました。雪のある景色は気持ちがいい!
雨が上がって、ガスもなくなったのでヘリも飛べたようで音がしていました。
(その後はだいじょうぶだったのか気になります。ご無事を祈ります。)

そこからは樹林帯、そして林道なのでもう安心。

無事14時に下山することができました。

花の噂は本当で、シラネアオイやしゃくなげをはじめハクサンイチゲの花畑、さまざまな花が咲いていてとてもよかったですよ。

(花の写真をまとめて載せてみます。ピンボケ写真もありますが、お許しください。シラネアオイはちょうど雨でカメラをしまいこんでいたので撮れませんでした。)

090613平標(花)1
090613平標(花)2
090613平標(花)3
090613平標(花)4
090613平標(花)5
090613平標(花)6
090613平標(花)7
090613平標(花)8
090613平標(花)9
090613平標(花)10
090613平標(花)11
090613平標(花)12
090613平標(花)14
090613平標(花)16


※元橋の駐車場は有料(500円)になっていました。だけど係りの人がいると車上荒しを予防できるので安心ですね。

※苗場山も行きたい!

マイナス3キロ!

15歳になるまで、食事量を減らしていなかったけれど、予想外にも「(減らすの)もう慣れた」と言っていて、スーパーなどでおやつを選ぶ時などもカロリーを低いものを探しています。
そのおかげでついに50.4キロになりました!!
体重計で減るのを見るのも楽しみのようです。

1日目にして1キロ減?

さて、給食を減らすことにした1日目。
ご飯を減らしただけらしいけど、体重はマイナス1キロ!!

今までは単に普通に給食を食べた上におかわりもしていたから、体重が増加してたのかも?????

ついに!(いまごろ?)

今日は、D病院へ。

春休みの検査結果は良好。健康な値ということでホッと一安心。

学校の給食のカロリーが多い(700キロカロリー台~1000キロ弱)ので献立表を見せて相談したところ、N先生もそのカロリーの多さに驚き

PWSの人が体重維持する場合のカロリーの目安は、身長10センチあたり100キロカロリー。だからタウルス君の場合1日1600キロカロリー。お昼に約1000キロ摂取すると朝夜に摂取できる食事量が少なくなってしまう。成長ホルモンをやめたら10キロは太っちゃうし…」
(現在、身長158センチ、体重53キロ)


今まで、タウルスの場合は運動量が多いし、体重や体脂肪も問題がなかったので、食べすぎることに注意するだけで食事量を減らすことはしていなかったんです。

ついに、減らさなくてはいけなくなってしまいました。
(というか、いまごろ?ですね


で、私の考えた方法は

1)おかわりはしない。
2)700キロカロリー台の時は、減らさなくてもいい。
3)800キロカロリー台の時は、ご飯を減らす。
4)900キロカロリー台の時は、ご飯とおかずを減らす。


本人が納得してくれるかどうかが心配だったのだけど、自分でも最近危ない感じだと思っていたようで気にしていたのでわりと問題なく納得してくれました。
(ただ、牛乳は減らしたくないそうです。)





(個人的報告)
タウルス兄のほうの体育祭も延期になり、ちょうどその日がタウルスの代休だったので見に行ったよ~
大活躍でビックリ。(ピストルを撃っていた)

走り方もずいぶん力強くなり、クラブ対抗リレーの陸上部のアンカー!
タウルスも「(走るのが速くてかっこよかったので)ビックリした」と珍しく、兄をほめていました。
taiikusai.jpgtaiikusai2.jpg

後半

残りの競技も終わりました。
自分のクラスが優勝したと喜んで帰ってきました。

090603中村運動会後半12

(本人の希望により前半の写真もモザイクをはずして載せました。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。