スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五丈岩、登ったよ~~~~!!!

テント泊で山梨県にある金峰山(きんぷうさん・2599m)と瑞牆山(みずがきさん・2230m)へ。

途中でイビキをかいていねむりするタウルス。
(なぜか写真には光の輪が写っています。)
20080927金峰・みずがき8


山頂付近は紅葉がはじまり、キレイ。
(五丈岩がちょっと霞んで見えます。)
20080927金峰・みずがき10
20080927金峰・みずがき25


タウルスと私は金峰山の山頂にある五丈岩に挑戦。
(はい。少しでも高いところに登りたがるのは○○だからでしょうか

こんな岩。(登っているのは他人です。)
20080927金峰・みずがき33

なんと最初にタウルスがわりとカンタンに登ってしまったのにはビックリ。
クライミングの効果があったのかしら。

20080927金峰・みずがき38

ちょっと大変で無理~と思った私。
でも、タウルスが登ったので何とか無理やりがんばり、ようやく登れました。

20080927金峰・みずがき40
(組体操の時のポーズ!)

瑞垣山ではキレイな富士山も見えました。
20080927金峰・みずがき57

田んぼが黄色く色づき
20080927金峰・みずがき64

コスモスが咲き乱れていました。
20080927金峰・みずがき62
スポンサーサイト

交流会

少し前、親の会の交流会で水族館へ。
参加したのは5家族。はじめて会う方が2家族。
それぞれちょっと似ているところもあるけど、それぞれ個性的なPWSっ子たち。
みんな魚を見てたっぷり楽しみました~
子どもたちが疲れ果てたころ、ママたちはそれぞれの話をしてお別れ。
5家族だったので全員と会話でき、なんだか、ホッとする楽しい時間が過ごせました。

タウルスは唯一中学生だったので、参加を渋っていたのだけど、私が「いろいろ手伝って」とお願いして参加してもらいました。時々はみんなと遊んだり、ひとりでゲームをしたりして楽しめた様子。

久しぶりに会ったママからも「落ち着いたね。」なんて言われて、ウレシイ~♪

親の会に入っていても、会報が1年に一度くらい送られてくるだけで、集まりもなかったりすることもあったりして物足りなさを感じたこともあるけど、一人より多くの人が集まっていることによって、いろいろな力になるだろうと思ってずっと入っていた。
でも、今回の集まりで同じ障害を持つ同じ年代の子どもや家族と楽しい時間を過ごせ、他のお子さんたちの成長もみることができたので、仲間がいて、時々会ったり、子どもたちも顔なじみになっていてホッとする集まりもいいものだなぁ、としみじみと思った。

(携帯電話のカメラの画像。タウルスが注文したチキンカレーとアボカドフルーツジュース)
20080923葛西臨海水族館1

(私が食べたのはまぐろカツカレー)
20080923葛西臨海水族館2

(ペンギンのえさセット)
20080923葛西臨海水族館3

『学校』シリーズ

BS2で山田太一監督の『学校2』(平成8年)をやっていたのですが、プラダー・ウィリー症候群の男の子が出演してました。(たぶん)


舞台は全寮制の養護学校高等部なんだけど、先生(西田敏行)が、いい事をたくさん言っていましたのでメモ。(私なりの言い方に変わっていますのでご了承ください。)

「先生は与えるとか教えるのが仕事じゃなくて、子どもからもらったものを子どもに返すんだよ。」

(本当は高校教師になるはずだった。幼稚園みたいな子を教える養護学校の先生になるはずじゃなかったのにと嘆く新任教師に)
「それを子どものせいにしてはいけない。たとえ、他の学校や会社に行っても、同じ壁にぶつかる。それは自分の壁なんだ。」

(親から子どもへ)
「子どもに過度な期待をするんじゃなくて、子どもに寄り添うことが大事」

本当にそう。
先生も親も同じ。
期待しなさすぎるのも困るけどね。(笑)

事件と個別の支援計画

福岡の事件のお子さんは特別支援学級に在籍されていたそうですね。
他人事ではなく、胸が痛みます。


さて、金曜日は、「個別の支援計画」の面談でした。
「個別の支援計画」以外に「個別の指導計画」もあって、それはそれは細かく分けられた項目ごとに実態の把握と目標設定をしました。

2週間の間に、かなりよく息子の様子を観察していたようで、ビックリ。
いろいろ具体的なやり方やアドバイスもありました。
安心してまかせ、相談しようと思えました。
「日常のことは家庭で、学校は学習を教えるところなので。」「算数国語は基礎学力をつけるように。」のせりふもありました。

前の学校では昨年「個別の指導計画は?」と聞くと「作らなくちゃいけないんですねぇ。」との返事のまま。
今年度のはじめにそれらしき未記入の用紙を配られたまま、何の音沙汰もなく(他の生徒も同じ)
先日やめる挨拶に行った時に「転校先の学校で以前の学校の指導計画は?」と聞かれたことを話すと
「今年は新しい先生も来たので、みんなのことを把握していなかったため1学期中に子どもの様子を観察し、夏休み中に作成して9月に完成する目標だった。
でも○君は学校に来ていなかったのでストップしていました。」
「うらら。さんのように熱心な方はいなくて、保護者の希望も特にないし。」
と言っていたんです。

仮に作ったとしても保護者に見せる気はなくて「見たいという希望がある方は学校に来たおりにでも言ってくだされば、できていればお見せします。」ということ。

今度の学校の先生に「作られていなかった」と言っても「作ることになっているのに、そんなはずはない」と信じてもらえませんでした。

それにしても、息子の現状をあらためて初めてかかわる人の目からみた現状を聞くと、かなりできないことや課題がいっぱいだなぁ、とちょっとショックな気もしたけど、課題がよくわかりました。

現状と課題は次回…

歯磨きガム

今までは障害者のための歯医者さんに月に1度程度行って、虫歯予防のために歯を磨いてフッ素を塗ってもらっていました。
でも、そこだとちょっと遠くて日曜日の朝しか診てもらえないので、ちょっと不便だったので、近所の新しい歯医者さんに変えてみました。

外観もきれいだけど、イケメンお医者さんに衛生士の方もアイドル級の美人!!
でお二人ともタウルスへの話しかけ方もうまい!

で、そこで歯磨きガムのことを聞いたので、さっそく購入。
市販のものはキシリトール入り、と書いてあっても割合が低いらしいのだけど、これは歯科専用でキシリトール100%だそうです。

両方とも約150gだけど、キシリトールの量は歯科専用が約117gで市販のは約50g。
でもカロリーは歯科専用が約350キロカロリーで市販のは約280キロカロリーなんだけどね。

使用方法は食後に歯を磨いた後、つばが出るまで5分くらい噛む。

左:歯科専用
右:市販品
(両方ともロッテ)
ガム1


その時に、最近、口の筋肉を鍛え、発音を良くするためガムを噛んでいたという話をしたら、表情筋を鍛え小顔にするための器具もあるとのことでした。若い女性の間ではやっているらしい。

取り寄せになる、ということなのでどんなものかは見なかったけど、私のほうが興味あり。
息子は味がしないと続かなそうだな~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。