スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笠取山

夏休み最後の土曜日に行ってきました。
メンバーはオット、タウルス、ワタシ。

笠取山(標高1953m)は山梨県にあるけど東京都の水道水源林。
そして多摩川の源流の水干があるところ。

多摩川の近くで育ったオットがいつか行きたいと思っていたらしい。
(夏休みの自由研究に行くのにおススメかも。もう夏休み終わってしまうけど。)

そしてわたしにとってはデジカメ一眼レフカメラデビューの日。

朝4時に自宅を出発。
早く登りはじめて早く帰るはずだったんだけど、
高速を降りて登山口近くまで来てから、道がわからなくなってしまい、三叉路を行ったりきたりして1時間あまりのロスタイム。

問題の三叉路。

三叉路


笠取山という名前が出てこないので判断に迷ってしまい、ココを右に行ったり左に行ったりしてしまった。
正解は右の道。
左に行くととんでもない悪路だった。


ようやく駐車場に車を止めてトイレをすませて出発(7:30)
(駐車場の車は3台)

東京都が整備してとてもきれいな山道が続く。
DSC_00080004_20070828114456.jpg


川を30箇所ほどハシを渡りながら登る。

途中で「急登」というルートとの分かれ道。
「急登」の文字にビビリ、そうでないほうを選択する。
DSC_00070003.jpg

その後もきれいな道が続き「急登」ルートを選択すればよかったかな、と思えるほどで少し物足りないくらい。

笠取小屋到着。

その小屋の前は開けていて、テーブルとベンチがあって木々の間からは大菩薩峠が見える。
この小屋はほとんど使われていなくて、誰もいない。
(小屋に泊まりたい人は事前に連絡するらしい。テント泊まりや外の小屋には料金箱にお金を入れるようになっていた。)

大きなツワブキの花が群生。
(いよいよ一眼レフの出番です。予想以上によく撮れていました。)

DSC_00160010_20070828114509.jpg


年齢不詳の大きな網を持った男性がチョウの採集をしていて、いろいろ教えてくれる。
おかげでアサギマダラの写真が撮れました。
DSC_00220015.jpg


実はシカが他の花たちを全部食べてしまうので、この花しか残っていないらしい。
その後もツワブキだらけ。

DSC_00290018.jpg


シカよけのネットに守られた木がたくさん林立していました。

シカよけネット



「急登」ルートを登ってきたスニーカーを履いた家族連れが「大変でした~」と言っていたので、やっぱり「急登」ルートを選択しなくて良かったみたい。

そこでのんびりした後、頂上へ。

頂上へは今までとはうって変わって、いきなり急な登り。

急登



でも頂上の景色はほとんど360度見えて、すばらしい。
(この頂上は20人くらいしかいる場所がない。)

頂上1


お決まりの記念撮影を撮って、しばらく行くと展望のきかない場所にまた頂上の標識がある。
あれ~?どっちが本物かな?(たぶん、展望の利かないほうだと思う。)

頂上2


回り込んで下の道に降りて、多摩川のはじまりのポイントである水干というところをチェック。
水干


源流もしっかり見ました。あの大きな多摩川がこんな小さい川からはじまっているなんて、ちょっと感動物です。(タウルスが多摩川をまたいでいます。)
源流


13:00。
タウルスのザックを置いていた(登りは元気がなくなっていたから)笠取小屋に戻ってちょっと遅いランチタイム。(ラーメン)
午前中、チョウを採っていた男性はまだまだ同じ場所で網を振り回していました。この日は3種類のチョウを採取できたそうです。
他にはピッケルを持って石の採取(?)をしている方など、この山は不思議な人が多い気がしました。

ランチタイム


駐車場15:00着。
(駐車場の車は8台。空いていました。)

蝶採集の方と話したり、写真を撮ったりしてのんび~~りしてしまったので、予想よりもかなり時間が遅くなってしまいましたが、予定通り温泉に入って帰宅。
小菅の湯はお風呂の種類がたくさんあって休憩場所やマッサージルームもあって充実してたけど、ちょっと高速道路からは遠かったかな。

いい景色、いい空気、源流など楽しかったけど、どうして下山すると別な山に行きたくなるんだろう…



【覚書】

★作場平へは三叉路を一の瀬高原方面へ右折(重要)

★作場平(登山口)の駐車場
無料、トイレあり 30台ほど駐車可

★笠取小屋(無人、小屋の使用は事前に連絡が必要)
幕営可(料金箱あり)、トイレ、水場は2分降りたところ

★山頂の標識(?)は二ヶ所にあり
スポンサーサイト

TVの感想3(本人編)

タウルスの中学は2期制で、今日28日から学校です。
その代わり秋に秋休みが1週間(土祝日含めて)あります。7月の終わりの終業式に成績表も何ももらえないのもしっくりこないし。
2期制ってなんだかよくわからないなぁ…

今年の夏は私が一緒だったので、無事に問題なく落ち着いて過ごすことができました。
今日は意外なことに本人の希望で登校に付き添いしました。帰りも途中まで来て欲しいそうです。というわけで、私はお昼までは久しぶりのフリータイムです。


さて今回の放送のタウルス本人の反応についてです。

夕方から何度もPWSのことが流れ、タウルス本人も自然に一緒に見ることになったのですが…

「あ、ぼくと一緒(の病気)。」
「ぼくは運動しているから、食べ物を減らさなくてもいいんだよ。」
などと言いながら見ていました。

特に隠さず、ことあるごとに「食べ過ぎて太ってしまって病気になる、という病気」と説明してきたので本人も自分がそういう病気(?)だとわかっています。

ケイラの病院での様子はプールで泳いでいるのをみて「いいなぁ!」
野菜ダイスキなのでたぶんあのメニューでも何も問題はなさそうです。
(ただし1日600カロリーは考えられないけど)

ケイラのことを「もっと運動すればいいのに」というので
「太ってしまってからだと運動もできなくなるんだよ、だから太らないようにしたほうがいいね。」「太ると病気になって死んじゃうんだよ」(この手の話にはビビルので効果あり?)と説明しておきました。

※今回は放映時間の前に数人の(PWSの親ではない)人から「TVでPWSのことやるよ。」って教えてもらいました。
PWSっていう名前に気がついたなんて!!!
ありがとうございます。感謝感激です。

TVの感想2

気を取り直して再度チャレンジ!

24日のテレビ番組はテーマが「食欲のコントロール」ということだったと思うけど、そのわりにはPWSの食欲以外の問題にも少し触れられ「疲れやすい」とか「ただただ食事を制限すればいいというわけではない」こととか「同じカロリーを摂取しても太ってしまう体質」とかうまく説明できていたように思いました。

ケイラさんが入院している病院での生活の様子や食事のこともわかったし、退院する時にはダイエットに成功して嬉しそうだったのが良かったかな?
(退院後継続できるかどうかがちょっと心配でしたが)
前回、今回と2回もとりあげられてだんだんPWSのことをわかってくれる人が増えてくれるとしたらこんなに嬉しいことはない。

夕方の番組の宣伝番組(っていう言い方であってるかな?)には埼玉在住のお子さんや主治医の先生も出演していたけど、残念ながら本番では出ていませんでしたね。

それぞれそのうちの家族構成や好みなどに合った方法で頑張っていて、10歳くらいまでは特に大きな問題もなく「うちは大丈夫そう。」なんて思うんだけど小学校高学年になるくらいから悩みが出てくるみたい。

普通のお子さんと同じで親のいうことに素直に従う時期はいいけど、その後自分でやってみたい気持ちになる時期になって、本人の判断がアヤシイ部分があってむずかしいということもあるかもしれないし、まわりとのギャップを意識しだすということなんかもあるかもしれない。
周りの人たちも子どもとして大目には見てくれなくなるしね。

PWSといってもさまざまな症状や程度がいろいろ。
いろいろなのはもともとの遺伝的なものなのか、環境やしつけによるものなどがフクザツに絡み合っているのだろうけど、もしうまくいっている人たちのことがわかれば他の人たちにも参考になるといいなぁ、と思う。
でも、実際には何も困っていない人(オトナ)の具体的な話はほとんど聞いたことがない。
どうしてなのかな~?

家族(や周りの人)の愛情が大事なこと、本人の気持ちを大切にすること。
そして食に関していえば、ただ単純に制限するという方法では精神的な影響もありそうだから、楽しく食事をしたり、普段の生活を充実させるような工夫が有効そう。

私もまだまだこの先何があるのかわからないし、今やっていることが後でどんなふうに出るのか、といつも考えてしまう。
時には考えるのが面倒になっちゃうこともあるけど、かわいいわが子のため、これからも試行錯誤しながらやっていこうと思う。
いいところもいっぱいあるのだし、笑顔でシアワセな生活を送って欲しいから。

TV番組の感想

新しい管理画面になってから投稿がうまくいきません(T_T)
さっき書いた感想が消えてしまいました。

また後日書きます。


(おまけの写真)

07082602.jpg


(その2)


DSC_00160010.jpg

サッカー&録画予約

今日はサッカーの試合があるらしく、しっかり朝からスケジュールをたてて行動。(と言ってもゲーム三昧だったけど)

こういうことはしっかりテレビについている週間テレビ番組表でチェックしている。

入浴、夕食の時間を決め、そのために夕方からはカレー作り。

テレビ番組を事前にチェックして録画予約する、なんてことも大得意。

夕方は水戸黄門を録画予約している。
(HEROを撮りたいのに~

サッカーだけは予約でなくタイムリーに見ないとダメらしい。
(そりゃそうだよね。)

2007 海

(詳細とおまけの写真に追加をしました。)

070818.gif


2年前はウィンドサーフィンに挑戦しましたが、今年は素もぐり(足ひれをつけただけだけど)

毎年のようにお友だち家族と一緒に行く海旅行。
といっても、最近は我が家の誰かがお友達家族の旅行にお邪魔している感じです。

今年は全員で参加の予定だったのに、天気予報で雨の予報だったし、長男のスケジュールの把握不足のミスも重なり、私とタウルスだけが日帰りで参加。(結局、天気予報は大はずれ

それで参加したこの日にかぎって涼しくなってしまい、ちょっとビールを飲むには寒かった

でもお友だち家族は海がダイスキなのでいろいろ楽しみ方を教わり、お魚を見たり、ウニを獲ったりして、タウルスはまるで「水を得た魚」のようでした。
(「山より海のほうがスキ!」と言っていた。それはちょっと困るなぁ…)

しつこく「まだまだ遊ぶ~!」とめいっぱい遊ぼうとして最後にとうとうクラゲに顔と手を刺されてしまいました。
(くらげよけクリームを塗ってラッシュガードを着ていたんだけど、塗り忘れていたらしい。)

また、来年も行きたいね



(おまけの写真)

DSC_00160001.jpg
DSC_00230001.jpg
DSC_00310001.jpg

夏休み後半戦

みなさん、そろそろ帰省から戻られる頃でしょうか。
うちは両方とも実家が東京だし、7月にお盆なので8月は何もありません。


さてさて夏休みもだいぶ過ぎ、今のところ予定通り山登り、映画鑑賞、プールなど滞りなく終了。

後は友達家族と恒例(6回目)の海水浴を残すばかりになりました。

宿題も毎日続けていて順調です。

ふと気がつきましたが…
タウルスがいるために笑いが起こって場が和んでいることがしばしばあるなぁということ。

時にはいたずらで困ったり、イライラするから「うちの天使」とは言えないけど、なかなかイイ存在になっている。

この間の検査では、春から身長が3センチも伸びていた。
体重だけが増加しているのではなかったみたいで安心しました。
まったくの健康体!だそうです。

ところで



お待たせしました!

(だ~れも待っていないか…

先日のクイズ「カブトムシの幼虫の数」の答えの発表です

答え:45匹

まだ、その後タマゴも発見されているので、まだまだ増えそうです

みなさまも残りの夏休みを充実して過ごしてください~

幼虫のお引越し

タウルスが自分の部屋で飼っているカブトムシ。(置き場がない)

山から戻って、4日間ぶりに見たら2倍くらいの大きさに!!!!

こうなると虫ケースは狭いので、広いおうちにお引越しすることにしました。(入れ物が大きいと餌になる土がたくさん入るし、カブトムシの大きくなるらしい。)


まずはお引越し先の準備。

中くらいの衣装ケースを使用。
ふたに穴をあけ、20Lの土を入れました。

土はペットショップで店員さんにしつこく詳しく話を聞いてタウルスが自分のお小遣いで購入しました。

そして幼虫たちを広げた新聞紙の上に土と一緒に出してみました。

まだ小さいのもいたけど、ほとんどがかなりの大きさになっています。

驚いたのはその数!!!!!!


さて、



何匹いたでしょう?
(ちなみに1組の親カブトムシです。答えは後日)


07080.gif


これから、冬を越すところが難しいようです。

うまく全部育ってくれるといいなぁ。

タウルスは1匹いくらにしようかと考えているので、「いいじゃない、ただでもらったカブトムシなんだから、欲しい人にあげれば?」と言ったのだけど、「ダメ!土代がかかっているから。」としっかりしています。

たぶん、そういうわけで無料というわけにはいかないのですが、1匹100円くらいだと思うので、欲しい方はどうぞ。(予約受付中

テレビ番組(予定)

タウルスは生まれつき「プラダーウィリー症候群」という障害を持っています。
1万人から1万5千人に一人の割合で生まれ、15番の染色体に異常があり(タウルスの場合は、15番の一部欠損)知的障害や過食・肥満、行動の問題などがあるとされています。

その障害に関連すると思われるテレビ番組があるようです。

8/24(金)21:00~22:52
フジテレビ 金曜プレステージ サイエンススペシャル
「それでも食べずにいられない」
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2007/07-prestage-08.html

白馬岳3泊4日

今年の山の計画は白馬岳。
07080401.gif

(1人約10キロのザック!これまでは定着型のテン泊だったけど、今回初めてザックをせおって登ります。だいじょうぶかなぁ…とちょっと心配。)

4日

天気予報では雨だったので、急遽民宿泊に変更。
山小屋が1畳に2人という条件に対し、こちらは16畳に4人という贅沢さ

5日
白馬駅でアイゼンをレンタルし、民宿の車で猿倉(標高1230m)まで送ってもらう。
心配された天気だったけど今日は良さそう。

登山届けを出して猿倉荘前で決めのポーズをとるメンバー。

07080400.gif


あれ?

我が家は4人家族。

で私がシャッターを押しているのに4人写っている?


(実は家族の一員のように写っている右端の女性は他人)


猿倉7:30→白馬尻へ
白馬尻


はじめての大雪渓。
大雪渓


アイゼンをつけて出発するが、つけ方を間違えていることがわかって、やりなおし。

大雪渓の上は涼しいというよりも時には寒いくらい。
雪渓の上は上から音もなく岩が落ちてきて危ないらしいし、時折パラパラと落石の音が聞こえるのでちょっとした緊張感。

ベニガラという赤い粉で印をつけらている安全なルートを通って一歩一歩登っていく。

アイゼンは足の裏全体で踏むようにすれば滑らないので私は快適に登れたけど、タウルスにはその登り方が難しく、つま先が何度かスリップしそうになって疲れたようす。
(レンタルのアイゼンは4本爪だからのようで、もっと爪が多いものならだいじょうぶらしい。)

でもなんとか全員で大雪渓を登り終える。
登り終わる



07080404.gif


07080415.gif

(紫の花は白馬と八ヶ岳と北海道にしかないというウルップ草)
花


素晴らしい景観とお花たちを見ながら、今夜のテント場(頂上宿舎。標高2730m)に到着。15:30

テントサイトにコロッケとメンチの販売が来て、ビックリ
1個100円と下界と同じ値段!
どうやら山小屋であまった分らしいけど、大感激!
この時は強風でタウルスはコロッケ代を払おうとして1000円札を飛ばしてしまった(T_T)
でも1万円札じゃなくて良かった

07080406.gif


6日
まだ暗い中、周りのテントの人たちが出発の用意をしていたけど、うちはのんびり出発。7:30
(タウルスと私は日の出を見に。)
日の出


(うちで一番の担ぎ手に成長した?タウルス兄。)
07080408.gif

(地図を確認して。うしろに剣岳と歩いてきた道が見える。)
07080410.gif

ついに頂上到着!(標高2932.2m)
07080412.gif


これから歩く小蓮華山(標高2769m)を経由して白馬大池までの道が見渡せる。
07080411.gif


(お花畑。)
こんな感じでいろいろな種類の花畑がたくさん!
ついつい写真を撮りすぎて遅れ気味になるので、子どもたちに撮影禁止されてしまった(T_T)
07080413.gif


あと少しで白馬大池というところでタウルスが突然「足が疲れた。歩けない。」と言い出したので白馬大池(標高2380m)でテントをはることにする。

タウルス兄と私が一度大池まで行って、ザックをおいて空身で迎えに行ってみたら…
なんと!
オットに荷物を持たせたタウルスが走って降りてきたのだ。

結局、足の痛みは靴の紐を締めすぎていただけだった(>_<)
12:00着。

5時頃雷雨と夕立があったけど白馬大池は静かで空がたくさん見えていい所。ゆっくりのんびりできて星もたくさん見えました。
07080414.gif


※(うちわ話)
なぜかココのトイレの前にストックの忘れ物。トイレには鍵がかかって開かないドアが一つ…
タウルスは「トイレの中でストックの持ち主が死んでいる」との意見。(サスペンスの見すぎだよ~)


7日
前夜の打ち合わせどおり、4時起床、6時に出発。
きれいな白馬大池をまわりこみ、大きな岩の道を歩く。

これから登る人たちとすれ違いながら栂池自然園駅(標高1850m)へ到着。
(ここで食べたソフトクリームは最高においしかった~)
ロープウェイとゴンドラに乗って栂池高原へ。(標高856.9m)

ファミレスで食事をして温泉へ入り、
「今度は槍か燕?」などと話しながら東京へ帰る。

この日のために早起きしてランニングやウォーキング、ヨガやビリーで鍛えていた私でしたが、そのかいがあり、なんとかOKでした。
仙丈ケ岳、奥穂高八ヶ岳縦走、白馬岳とこれで4つの大きな山に登ったことになるのですが、まだまだ行くぞ~♪


※タウルスは今でこそ私と同じくらいのスピードや距離を(かそれ以上)歩けますが、小さい頃はなかなか歩きたがらなくて、小学校の低学年まではすこ~~しずつ、だましだまし距離を伸ばしました。
タウルスも私たちもよくここまで頑張りました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。