スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯科矯正

プラダー・ウィリー症候群だと歯科矯正が保険適用になるっていうのは知っていたけれど、数年前にやっていた歯科矯正を途中で断念したので、眼中にありませんでした。

でも、最近、知っている大学生がしているのを見て、「僕もやりたい」と言いだし、またチャレンジすることにしました。

前回のは取り外しのできるタイプだったので、すぐにはずれてしまうようになってしまってやめたのですが、固定式なら大丈夫じゃないかと。

で、近所の歯医者さんでは必要な機械などがないのでということで紹介してもらったのはS大学歯学部。

さっそく先日行ってきました。

歯の状態がよく、PWSとしては唾液も多くエナメル質も良かったのだろう、とのこと。
治療には約2年半かかり、その後も定期的にチェックをしなければならないこと。
保険適用でも3年で約25万円くらいはかかること。(N区は中学3年生までは医療費全額助成だったので、もっと早く治療を始めていればよかった…)
場合によっては、歯を抜くかも知れないこと。(おそらく抜かなくて済みそうとのこと)

などを説明していただき、本人の希望でもあり納得の上で治療を受けることに決めました。

1回目はレントゲンを撮り、2回目と3回目の予約を入れていただきました。

なお、S大学歯学部は電車で行くと乗り換えが多くて面倒なのですが、車だと便利。
しかも愛の手帳で駐車料は無料だったので、助かります。

きれいな歯並びになると印象が違うから、いいですよね。
(私もしたかったよ~)
スポンサーサイト

歯磨きガム

今までは障害者のための歯医者さんに月に1度程度行って、虫歯予防のために歯を磨いてフッ素を塗ってもらっていました。
でも、そこだとちょっと遠くて日曜日の朝しか診てもらえないので、ちょっと不便だったので、近所の新しい歯医者さんに変えてみました。

外観もきれいだけど、イケメンお医者さんに衛生士の方もアイドル級の美人!!
でお二人ともタウルスへの話しかけ方もうまい!

で、そこで歯磨きガムのことを聞いたので、さっそく購入。
市販のものはキシリトール入り、と書いてあっても割合が低いらしいのだけど、これは歯科専用でキシリトール100%だそうです。

両方とも約150gだけど、キシリトールの量は歯科専用が約117gで市販のは約50g。
でもカロリーは歯科専用が約350キロカロリーで市販のは約280キロカロリーなんだけどね。

使用方法は食後に歯を磨いた後、つばが出るまで5分くらい噛む。

左:歯科専用
右:市販品
(両方ともロッテ)
ガム1


その時に、最近、口の筋肉を鍛え、発音を良くするためガムを噛んでいたという話をしたら、表情筋を鍛え小顔にするための器具もあるとのことでした。若い女性の間ではやっているらしい。

取り寄せになる、ということなのでどんなものかは見なかったけど、私のほうが興味あり。
息子は味がしないと続かなそうだな~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。