スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学習発表会も終わって

学習発表会、校舎内では刺繍や絵などを展示。体育館では各学年の演技や演奏でした。
手芸班はエコバックやブックカバー、木工班は木のおもちゃやストラップ、調理班はカップケーキなども販売。
タウルスは携帯ストラップとカップケーキ、私はエコバックなどを購入しました。


沙織のエコバックはキレイでした。よく見ると製品にした最後の行程がキレイじゃないのが残念だったけど。


※写真は、タウルスのスェーデン刺繍。
101204_1354~02

タウルスの1年生はその子どもの得意な分野を生かした役設定になっていて、タウルスはセリフのない演奏隊。ハンドベルと合唱でした。
セリフがきちんと言えないのでその役になったのでしょうけど、その他大勢のような役回りだったので、ちょっとさみしい。
まぁ、セリフが上手なお子さんは少数なんだけど、役者ばりにうまい子もいたり、鉄道オタクの子は車掌の役、とかうまく考えられていました。


それから、先日の精神科受診の結果を受けて学年の先生方で話し合った結果というのを1枚のプリントでいただきました。
大きく2点。

①国数のクラスは学習発表会後から(昨日)1つ下げる。

②居眠りに対しては、めだたないような起こし方をする。眠気を催す薬を服用している時は連絡ノートに書くとともに担任以外にまで伝わらないので、本人が担当教員に申し出すること。


もちろん、学年の先生方で話し合って結果を出してくれたのは嬉しいことですが、活字のプリントだったせいなのか、こちらの否を強調してあったせいなのか、なんだかスッキリしなかったんですが…


①について
『本人の希望によっていつも変えられるわけではなく今回は特別』ということが強調してありました。
確かに少しぐらいの事は我慢しなくてはいけないことも確か。でも本人の訴えを聞くとまちがってはいないし、わがままと片付けるわけにはいかない内容と感じてしまいます。今回も本人のレベルには合った指導でなかったのだから。でも「学校には期待しない。」「期待しても変えてはくれないから。」って言ってたママがいたけど、それが世の中を渡っていく上では得策なのかもね。
学校はむしろそういうことを学ぶ場?

②について
担任以外に強く指導され怒ったことがあったことを(批判的に)書いてありました。でも先生からすれば「連絡ノートに書いてあっても担任以外は知らない。」というのが常識なのかもしれないけど、私はそんなことは知らないので連絡ノートに書けば他の先生にも伝わっているものだと思っていました。だから息子には「連絡ノートに書いたから大丈夫」と送りだしていたんです。

こういうプリントを読んでもいや~な気分になってしまうというのはワタシの精神が病んできている?ってわけがわからなくなってしまいます。
次回の診察時にはそのプリントを見せて(先生から許可をもらった)ドクターに相談しようと思っています。
スポンサーサイト

電子辞書、そしてローマ字入力

先日の心理の診察の時、「日記を書くのに携帯を使って、漢字に変換してから手書きで写している」という話をしました。

すると先生からは
「LDのお子さんなども電子辞書を使うように指導したりします。タウルス君は自分でそれを発見したんですね!!
(低学年だったら漢字を覚えたほうがいいけど)小学校高学年くらい以上だったら漢字が書けないために、書く意欲をなくしたり、他の勉強に差し支えるよりも辞書を使ったほうがいい。タウルス君の場合は表現できる手段を持ったことがストレスの解消になっているでしょう。できれば学校でも電子辞書を使用させてもらえるといいですね。」
というアドバイスをもらいました

携帯電話を持たせた時にいたずら電話をしてしまったのですが、今はそれをうまく使っているってことみたいです。

普通の国語辞典を買ってみたことがあるけど、辞書をひく、っていうのは案外難しい作業で全然使えませんでした。
電子辞書って気がつきませんでした。
そういえば、タウルス兄も使ってるのにね。

さっそく、家電量販店に行ってみました。

で、ただの国語辞典なら1980円くらいであるのだけど…

結局、タウルスが使えそうなのは「辞書」というよりも「メモ」の機能だってことがわかりました。

だって
「嬉しかったです。」と書きたい時に国語辞書なら「嬉しい」で漢字を調べてから語尾を変化させなくちゃいけない。
「嬉しかったです。」→「嬉しい」という頭の中での変換が無理なのだ。

それで、「メモ」機能は「文章をそのまま入力して変換される」のだけど、2タイプしかなく、しかもお値段がお高い。
(2万円~3万円)

今使っている携帯電話でのメモ機能と同じことをするのに…

で、その日は買わずに先生に報告して「…だから、携帯電話を使ってもいいでしょうか?」と聞いてみたけど、「携帯電話は使用禁止になっているに(許可制で所持することは可能)使っているのは他の生徒に対してよくないので、許可できません。」というお返事。
(そりゃそうだよね。)

う~~~ん…とちょっと悩んだけど、私たちも使えるかもしれないし、価格コムで調べたら、お店よりも1万円以上安かったし、と無理やり自分たちを納得させてお高い機種の電子辞書を購入することにしました。

それから、入力方法について気がついたこと。
今タウルスはPCでも携帯でも「かな入力」してる。
今度購入した機種は「かな入力」もできるけど、今回、お店の人から指摘されたのは、、「ローマ字入力」にしたほうがいい、ってこと。

う~~~~ん…たしかに。

でも、ちょっとハードルが高そう…
タウルスでも覚えられるような方法あるかな?

辞書を使えない

日記を書くのが宿題になっている。
まじめに毎日書いている。

だけど

『「がくしゅう」ってどう書くの?』

といちいち私に聞かなければ書けないのだ。
(よく出てくる単語は聞かなくても書けるのだけど)



そのたびに私が

最初は「が」
「か」に点点

その次は、「く」

その次は「し」

その次は小さい「ゆ」

その次は「う」



と教えなければならない。(私が運動面ばかり重視していたために、学習面がこんなふうになってしまったのだろうか?)

小学生向けの辞書を買ったので、自分で調べられるといいと思ったけれど、
辞書を引くっていうのは前記のことが自分の頭の中でできて、しかも50音の順番も覚えていないとできない難しい作業で、タウルスには到底無理だと気が付いた。

中学は行事の練習などがほとんどで、教科学習がほとんどない。小学校高学年でできるようになった簡単な算数の計算も忘れてしまっている
私は勉強は学校で教えてくれるものだと思っていたのだけど…
週に1日、学校を休んで塾のようなところに通っているお子さんもいる。
今時は障害のある子たちもどこか塾にでも通わなければいけないのかなぁ。

みんなどうしてるのかな?

07110026.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。