スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

600kcalで4キロ痩せました!


息子は盗食も無いのにどんどん体重が増加して90キロオーバー。
N先生後任のM先生からは「原因は食べ過ぎているしかありえない。PWSは1日1700kcal。」と言われ、「えー⁉︎」と思いつつも日々の摂取カロリーをチェックしてみたところ、私の献立がかなりカロリーオーバーしてた事にようやく気づいたしだいです。
それで夕飯だけですが、約600kcalにした所、この1ヶ月で4キロ痩せました(^_−)−☆

今までカロリー計算が難しくてやってなかったのですが、「健康献立レシピ提案オーガニック」というアプリだと設定したカロリーでいろんな献立を提案してくれるので便利!

息子も自分で献立を選べる楽しさがあるので献立が少なめでも満足感があるようです。
スポンサーサイト

ジムに通い始めました。

本人の希望です。
区のトレーニング施設二ヶ所も見たけど、全く論外のようで、ボディービルダーが通う某有名ジムに通い始めました。
どうやら筋肉隆々のお兄さんたちに憧れがあるみたい。ふーん、やっぱりそんなもんなのね。
私からするとあれって異様な雰囲気しかしないんだけど、強そう!カッコいい!って思えるらしい。

とりあえず、慣れるまでは私も一緒に通うつもりだけど、今日は筋肉痛。
タウルスの目標は年内に75キロ以下になること!と決めました。

私は体脂肪率25%以下に!
マラソンしてた時は一桁だったのにあっという間に30超えでした。

本当に週に二三回も通えるのか半信半疑ですが、半年分払っちゃったし、頑張りますー

20歳。生まれてきてくれてありがとう。

先日、息子は20回目の誕生日を迎えました。

その頃、ちょうど同じPWSの赤ちゃんのママとお話しさせていただく機会がありました。

その赤ちゃんはタウルスの赤ちゃんの頃とほとんど同じような状態のようで思わずその当時を思い出しました。

ミルクを飲んでくれず、ほとんど一日中飲ませるための時間が過ぎる。

ミルクを飲まないので体重も増えず、できたこともできなくなって後戻り。

こんなに飲まないのは生きたくないのだから。
昔だったら助からない命だった。
なのになんで病院は助けたんだろう。。。と病院を恨んでみたり。

でも1歳になり離乳食を食べられるようになって元気になり、いろいろなことができるようになるにつれて、その気持ちはだんだんと薄れていきました。

その後も数年に一度の事件の数々があり、学校での問題などもありました。

でも、学校を卒業して仕事をするようになってから、多少体重は増えましたが、とても安定していて、生き生きと張り切って過ごしています。
毎日、自分と私や夫のお弁当を作ってくれて、家を出るまでのタイムキーパーの務めもしてくれます。
(小学校の頃、毎日定刻に出発できなかったのが懐かしい)
私が大変そうだとさりげなく(驚かせたいらしい)洗濯物を干したりして手伝ってくれます。

クリーニング屋さん、薬屋さんの買い物も自ら担当になってくれています。

本当に彼の存在に助けられ、いつも前向きな姿には元気をもらいます。

私は彼を生むまでは障害のある人と関わったこともなかったし、関心もなかったんです。
障害があるっていうのが、どんなことかも全く想像がつかない世界でした。

だから、彼の存在によって、少しだけ自分の世界が広がったのかな、と思えます。
そのために生まれてきてくれた、と。

ミルクが飲めなかったのも、飲みたくなかったのではなくて、飲みたいのに飲めなかったのだ、と思えます。

助かってくれてありがとう。
助けてくれてありがとう。
生まれてきてくれて、ありがとう。

今なら本当にそう思えます。

つい先日も小さい赤ちゃんたちと一緒に動物園に行きましたが、赤ちゃんたちをとっても可愛がっていました。
私にすれば息子が小さかった時の自分をあやしているようなそんな錯覚にとらわれました。
それはとても不思議な光景です。

何かとても大事なメッセージをもらったような気がします。

障害があっても、できないことがあっても、人と違っても、そんなことは関係ない。
一人ひとり大切な存在、大切な命、なんですね。

タウルスから教わったことです。
ありがとう。

File0002.jpg

いろいろあるけど

最近、いい話ばかり書いてるけど、実のところは問題もないわけじゃないんです。

たとえば、セブ○イレブンで使える○ナコカードを使ってポイントを貯めるのにハマった事。チャージのために私のお財布から持ち出した事。

でも、その後ルールをきちんと決めて、「チャージは自分のお金」「家の物をカードで買った場合はその金額を私が息子に支払う」などと取り決めたところ、特に問題はなくなり、そして一時はなんでもカードで買おうとしてたのも2~3ヶ月でおさまりました。

その他には、久々に(汗)警察にお世話になってしまった事。
近所の不良がバイクを乗り回しているのを通報し、その電話の対応がよくなかったため(たぶん)、8回も電話し「うその電話で業務を妨害」と警官が集結してしまったのです。
特別支援学校に通っている(知的障害がある)ということが分かってからは取り調べも柔らかくなりましたが、最初はものすごい勢いで怒られました。
最終的に「なんでこのような子に携帯を持たせるのか?」「警察には電話できない設定にしてくれ」と言われたのですが、携帯はもはや必須だし、どんな携帯電話も警察と消防には電話できない設定にはできない。

通院している精神科の先生に相談したところ「彼は同じことは繰り返さないだろうから、(命を脅かされている時以外は)警察や消防には電話しない事を約束して使うようにしたらいい。」とアドバイスをいただきました。

そしてその後は特に問題なく過ごしています。

まぁ、そういうことを起きないようにできればベストだけど、何が起こるか予想できない面もあり、起きたことに対処する方法でその時々乗り越えてきた感じ。

「こんなことするようでは信用できない」という気持ちがあっておびえたけど、今振り返ってみると、いろんなことはだんだん少なくなり、小さくなっている。(かきむしり、こだわり、携帯の使い方、人とのトラブルなどなど)
むしろその時あまりおおげさに考え過ぎたり、心配しすぎるとかえって本人にも悪影響になりそうな気がする…

小さなお子さんをお持ちの方で心配な事がある人も、絶対によくなること本人の成長を信じて未来への希望を持って育てられるといいなぁと思います。
頑張りすぎないようにがんばって!
一緒にがんばりましょ~

夏休みともろもろ

いろいろと細かい面倒な事がある時はブログを書けず、つい放置状態になっていたら、広告がトップに^_^;

あわててちょっとメモ書きです。

1学期
・バス遅延についてバス会社に苦情申し立て(携帯から8回)
・近所から猫の散歩、苦情

夏休み
・新聞販売店に8月に入ったばかりなのに8月分の集金依頼の電話(履歴消去)
・友達の影響でナナコカードを作って入金(3000円くらい持ち出されたみたい)

と詳細は後日書くつもり。

明日からは憧れの剱岳にテントをしょって行ってきます。

今年はあまり歩いていないのだけれど、夏休みに入ってから妙高山にテント泊で行ったところ、ほぼ問題なく歩けました。ほぼ、というのは登りの途中で少しだけいねむりしそうになってたからで、後はスムーズでした。

GW、母の日

犬にかまれた怪我は順調に治っているのだけど、場所が場所だけに(足の親指)スポーツができないのでGWは特に出かけず。
ベットを買って、そのために部屋をキレイにしたり、犬の散歩、野球観戦などをして過ごしました。
昨日は最終日。
学校のクラスメートが自分で夕食を作って食べているという話に触発されたようで「酢豚を作る!」とがんばりました。
パソコンでレシピを出して、(漢字が読めない、文章が理解できない)ので私がそれを解説したけど、野菜の切り方や揚げ方などは全部自分で考えてやりました。

2時間半もかかったけど、見かけも味もかなり上手にできて感激
110508_2030~01

私は作らないのに野菜の切り方とかうまくできているのは、ちゃんと外食した時に見たからだって。
(やっぱり目で見た事は得意なんだよね。)

私のほうは息子が山へ行けないので、友達と近くの山々へ。
RIMG0304(2).jpg
RIMG01672.jpg
RIMG01802.jpg
RIMG01852_20110509101222.jpg
RIMG01932.jpg
RIMG00222.jpg
1309273_1111587583_111large.jpg


GWは新緑や花がとってもキレイで元気になれますね。


あとは畑で野菜を作っている友達の影響でいくつか私も植えてみました。
ゴーヤ(日よけカーテンにするつもり)、トマトを植えつけ、お友達からはシソ、レタスをいただきました~
毎日、成長ぶりを見るのが楽しみな今日この頃です。
DSC_2017.jpg

「間接的な被災」

以下、子ども発達センターのスーパバイザーからのメールの転送(抜粋)です。



あまり知られていないことですが、震災のニュースなどで同じような映像が
繰り返しテレビで流れていますが、これを漠然と見続けることで
「間接的な被災」と呼ばれる現象がおこることがありますので、必要な情報のみ
入手するにとどめ、あとは思い切ってテレビを消してくださいね。



とのことです。


皆さんも、くれぐれもお気をつけて・・・。

大地震

昨日は、車の中で地震でした。
大きく長い揺れで車も揺れてすごく怖かった。

2時間半後に用事が終わって、タウルスに電話すると学校で保護者引き渡し下校になっていることがわかって、急いで学校へ。
道が大渋滞で時間がかかったけど、学校で無事に引き取り帰宅したのは8時でした。

自宅は長男が、少し片づけたからなのか、たいして被害はなく、飾り皿が3枚、割れた程度で済み、夫は電車が止まっていたので約20Kを徒歩で帰宅。
幸い全員無事でホッとしました。

でも昨夜も何回も揺れて油断できないような感じ。

テレビを見て東北地方の被害の様子を見たけど、あまりのすごさに胸が苦しくなってしまいます。
これ以上、被害が大きくならないようにと願うばかりです。

夏休みがはじまって

夏休みに入り、登山仲間たちと神津島へ。
夏は山もいいけど海もいいです~

デジブックを作ってみましたので、よかったらBGMつきでご覧ください。
(あと27日間しか見ることができません。)

デジブック『 神津島2010 』こちら


カメラが防水じゃないので写真には撮ることはできなかったけど、キレイな魚たちもたくさん見ることができました。


その後は毎日朝練(バスケ)と部活(ソフトボール)へ行っています。
土曜日にはお弁当を持って行き、他校との練習試合。

なかなか密度が濃い。

そして宿題。

国語担当の先生からの宿題は「一般常識」。
1学期のテストでそのクラスの生徒たちが一般常識がないのにビックリされたようです。

内容は

「冬至・夏至とは何か」(タウルス最初は????。何回かやって覚えました。)

「夏日・真夏日・猛暑日・熱帯夜とは?」(タウルス最初は????。何回かやって覚えました。)

「英語で赤・青・緑・黒・白を日本語(カタカナ)を書く」(タウルスが自分でプリントを読んだ答え:アカ・アオ…、言葉で質問の意味を説明すればレッド・イエローはできた。サッカーのカードだからね。)

「今日は○月○日だとするとおとといは何日?」(タウルスOK)

「今日は○月○日だとすると来月第一日曜日は何日?」(タウルスOK)

「今年度とは何年何月までか?}(タウルスOK)

「一般的に春とは何月から何月か?」(タウルス最初は5月と言ってた。でも覚えました。)

これが口頭で言えばわかることもプリントの文章(ふりがななし)なのでタウルスにはむずかしい~

だけど、私が口頭で何日かやった後、プリントにふりがなをやったらなんとかできるようになりました。

先生からすれば一般常識なのに…と思ったことってちょっとレベルが高いような気がするんだけど、高校生だから日頃耳にする言葉の意味は教えるようにしないといけないんですね。

期間限定の写真

マラソン大会の写真がUPされていました。

タウルスのナンバーは2785。
大会も4回目なので写真撮られ慣れてきてます。
けっこう余裕で楽しんでるみたいですよ。
よかったら、ごらんください。

※1ヶ月間くらい見られるようです。

****

パソコンでホームページ( http://allsports.jp/ )から
[第30回スポニチ山中湖ロードレース]のページに
アクセスしていただくと写真がご覧いただけます。

↓閲覧はこちらから↓
オールスポーツ
ここ

****
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。